iCloudを利用したMacのストレージ容量を最適化する機能の使い方【macOS Sierra】

スポンサードリンク

macOS Sierraのストレージの最適化機能の使い方

macOS Sierraはストレージの最適化機能(Optimized Storage)が搭載され、設定画面から簡単にMacのストレージ容量を最適化することができるようになっています。では具体的にどのようなファイルが最適化されるのか、使い方も含めて紹介します。

macOS Sierra ストレージの最適化機能(Optimized Storage)

ファイルをiCloudに保存する(一括設定)

macOS Sierraではデスクトップ上にあるファイルと書類フォルダに入ったファイルをiCloud上に同期させることができます。この機能はストレージの最適化というよりもiOSデバイスやその他のMacとデータを共有化することを目的とした機能となっています。

設定する方法は基本的には2通りあり「メニュー」の「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」をクリックすると…

macOS Sierra このMacについて

ストレージ関連の細かい設定ができる画面が表示され、ここから各アプリの環境設定にアクセスすることなく一括設定できるようになっています。

「iCloudに保存」をクリックします。

macOS Sierra ストレージ管理

「すべてのファイルをiCloudに保存しましか?」と聞かれるので「デスクトップと書類のファイルをiCloud Driveに保存」と「写真の写真とビデオを最適化」にチェックを入れた状態で「iCloudに保存」を選択します。

ストレージの最適化

これでデスクトップ上にあるファイルと書類フォルダに入ったファイルと写真データをiCloud上に同期させることが可能となります。

ファイルをiCloudに保存する(個別設定)

上記は一括設定の方法ですが、以下は個別設定の方法となります。上記で設定をONにした後にOFFにしたい場合は以下の方法で設定をOFFにすることができます。

「システム環境設定」→「iCloud」の「オプション」の中にある「デスクトップフォルダと書類フォルダ」にチェックを入れるとデスクトップ上にあるファイルと書類フォルダに入ったファイルがiCloud上に保存されます。

macOS Sierra ストレージをiCLoudに

さらに「Macストレージを最適化」にチェックを入れると使っていないファイルをMac内から自動的に削除してiCloud上だけにファイルが保存されることになるストレージ容量を増やすことができます。

iCloud デスクトップ

雲マークに「↓」はiCloud上だけにデータが保存されていることを示しており、クリックすると雲マークに変わり同期が開始され、Macのストレージにダウンロードが完了すると何も表示されなくなります。なお、「Macストレージを最適化」にチェックを外すと全てのデータはMacのストレージにダウンロードされます。

写真データもiCloudに保存してMacのストレージ容量を節約することができます。この機能はOS X El Capitanから搭載されていた機能です。

「写真」アプリを起動しメニューバーの「写真」→「環境設定」の「iCloud」を選択して「iCloudフォトライブラリ」にチェックを入れます。さらに、「Macストレージを最適化」にもチェックを入れることでフル解像度の写真をiCloudに保存し、Macには圧縮縮小した写真が保存されることになります。

写真 Macのストレージに最適化

自動的に最適化される機能ですがiCloudに写真をアップロードした後に空きが欲しい場合はピクチャフォルダの中にある写真ライブラリを削除して、新規で写真ライブラリを作成することですべての写真データを圧縮縮小することができます。

ストレージを最適化(一括設定)

「メニュー」の「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」から起動することができる画面から「ストレージを最適化」を選択します。

macOS Sierra ストレージを最適化

「視聴済みのiTunesのムービーとテレビ番組を自動的に削除」と「最新の添付ファイルのみをダウンロード」にチェックを入れて最適化することで、ストレージ容量を確保するというもの。

ストレージの最適化

なお、この設定をONにした後にOFFにしたい場合は、iTunesとメールの環境設定からOFFにする必要があります。

スポンサードリンク

ストレージを最適化(個別設定)

iTunesの「環境設定」→「詳細」の項目にある「視聴済みのiTunesのムービーとテレビ番組を自動的に削除」にチェックを入れます。

視聴済みのiTunesのムービーとテレビ番組を自動的に削除

メールの「環境設定」→「アカウント」の「アカウント情報」にある「添付ファイルをダウンロード」という項目で「最近使った項目」を選択します。

最新の添付ファイルのみをダウンロード

一括設定をしてからOFFにしたい場合はこのように個別設定から変更する必要があります。

ゴミ箱を自動的に空にする(一括設定)

macOS Sierraはゴミ箱に入れたファイルを30日後に自動的に削除する機能が追加されています。「メニュー」の「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」から起動することができる画面から「ストレージを最適化」から…

ゴミ箱を自動的に削除 macOS Sierra

「ゴミ箱を自動的に空にする」をクリックすることでONにすることができます。

30日後にゴミ箱の項目を削除

ゴミ箱を自動的に空にする(個別設定)

Finderの「環境設定」→「詳細」からも設定することができるようになっています。

30日後にゴミ箱から項目を削除

設定をOFFにしたい場合はここからチェックを外しましょう。

まとめ

以上の設定で自動的にMacのストレージ容量を最適化することができます。

Macのストレージを最適化

普段あまりメンテナンスをしないという方は設定をONにしておくことでストレージを有効活用することができるかもしれませんね。他にも「不要なファイルを削除」から手動で必要のないファイルを削除することもできるので、一度開いてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。