macOS Sierraはダークモードが搭載されUIを暗くすることが可能に?

スポンサードリンク

macOS Sierraにもダークモード搭載か

「macOS Sierra 10.12」は名称がOS XからmacOSに変更となりiOSで利用できた音声アシスタントSiriがMacにも搭載されるなど、新世代のMacを感じさせてくれます。そんな中で、新しいUIモードとしてダークモードが搭載されるかもしれないことがmacOS Sierraの内部コードから明らかになりました。

ダークモードに関してはiOS10においても搭載されていると見られていますが、同じようにmacOS Sierraでもダークモードが利用することができるようになっているのは当然の流れのように見えます。

こちらがmacOS Sierraのダークモードの画面です。

macOS Sierra ダークモード macOS Sierra ダークモード

なお、現バージョンのOS X El Capitan 10.11においても上部のメニューバーやDockの色を暗くすることができるプチダークモードが搭載されており「環境設定」の「一般」から「メニューバーとDockを暗くする」という項目をチェックを入れることで色を変更することができます。

ダークモード OS X El Capitan

最近ではAdobeのクリエイティブツールなどのUIデザインの色がダーク系にまとめられるなどしているので、もしmacOS Sierraに完全なるダークモードを利用することができるようになれば、より統一感のあるUIを楽しむことができるようになりそうです。

ただし、このダークモードは2016年秋の正式リリースには間に合わない可能性もあるようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。