MacBook Pro 2016は有機ELタッチバーとTouch ID、バタフライキーボード搭載か?

スポンサードリンク

2016年モデルの「MacBook Pro Retina」は大幅刷新か

2016年モデルの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」は大幅に刷新されるかもしれません。KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が薄型軽量の筐体を採用しキーボードの上の部分に有機ELディスプレイが採用されたタッチバーと指紋認証のTouch IDを搭載する報告していることが明らかになりました。

12インチMacBookと15インチMacBook Proを並べた画像

タッチバーとTouch IDの搭載

タッチバーという新しい入力デバイスが登場してきましたが、これはキーボードの上にあるファンクションキーの代わりとなるものだそうで、タッチパネルを搭載することでより柔軟にファンションキーを変化させることができる機能になるのかもしれません。

また、OS X 10.12から指紋認証のTouch IDが利用出来るUI画面がリークされていましたが、MacBook Pro本体にTouch IDが搭載されることになる可能性が出てきましたね。

USB-Cコネクタにバタフライ構造のキーボード搭載

その他に、USB-Cコネクタが採用されThunderbolt 3にも対応しディスプレイサイズは今までどおり13インチと15インチが用意されることになるようです。また、デザインは新しい金属粉末射出成形製ヒンジを採用した薄型軽量の筐体となり、12インチMacBookに採用されたバタフライ構造のキーボードがMacBook Proにも搭載されるとのこと。

MacBook Proにバタフライ構造のキーボードが採用されるということは、MacBook Airの後継機にもバタフライ構造になる可能性が高そうです。個人的にはMacBook ProにはMagic keyboardのキーボードが採用されるのではないかと思っていたのですが…。

バタフライ構造キーボードとMagic keyboard

賛否あるバタフライ構造のキーボードが、MacBook Proに本当に搭載されることになるのでしょうか。

スポンサードリンク

CPUはSkylakeプロセッサ

内部スペックとしてCPUはIntelの第6世代Coreプロセッサの「Skylake」、15インチモデルの外部GPUにはAMDの新しい400シリーズのグラフィックスチップが採用するのではないかと期待されています。

個人的には、内部スペックが最新のプロセッサになり5K出力を1本のケーブルで出力することができるUSB-C/Thunderbolt 3の搭載が非常に嬉しいところですね。

ラインナップについて

Ming-Chi Kuo氏はMacBook Proをハイエンドモデル、MacBookをミッドレンジ、MacBook Airをエントリーモデルの低価格路線になるのではないかと予想しているようです。

  • MacBook Pro 13/15インチ
  • MacBook 12/13/15インチ
  • MacBook Air 11/13インチ

もしかすると、MacBookに13インチと15インチが追加されて、MacBook Airは内部スペックの強化だけにとどまりRetinaディスプレイは搭載せず、低下価格モデルとして販売が継続、いずれMacBookの価格が下がった時に生産を終了する方向に向かうのかもしれませんね。低価格ラインナップを考えるとそうなる可能性は高そうです。

なお、新型MacBook Proは2016年第4四半期(10月〜12月)に発売が開始されるとのこと。…ちょ、WWDC 2016で発表し即日発売を期待しているんですけど…!!

追記:筐体のリーク画像が流出しました。

→ MacBook Pro – Appleオンラインストア

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。