MacでApple Pencilを使ってタッチ操作ができると便利なのに

スポンサードリンク

Appleは過去にスタイラスペンを否定してきたことがありますが、iPad ProにてApple Pencilに対応し、指でのタッチの他にApple Pencilを使って画面を操作したりイラストを描いたり細かい作業をすることが可能となりました。個人的には、次期MacBookやiMacにもApple Pencilが使えるようになることに期待をしています。

MacBookとApple Pencil

MacBookはあくまでノートブックパソコンですので、MicrosoftのSurfaceのように「2in1」を望んでいるわけではありませんが、MacBookを使っていて「ここはApple Pencilで操作をしたらどんなに楽なんだろうな…」と感じる場面がいくつかあります。

計算機の計算

例えば、OS Xに標準搭載されている計算機です。

OS Xは右上メニューのリストメニューをクリックしたりトラックパッドの右隅から左にスワイプすることで通知センターを呼び出すことができ、ここのウェジェットエリアで計算機を使うことができます。しかし、タッチパネルに対応しているわけではないので、トラックパッドやマウスを使ってカーソルを動かして計算をする必要があるのですが、非常に操作性が悪いんですよね。

この計算機の数字をApple Pencilでタッチすることができたらどんなに快適だろうか…。

通知センターの計算機 Apple Pencil

個人的に計算をすることがよくあるので、iPhoneを使って計算したりしますが、Macでこんな感じで計算ができると非常に作業性が上がります。

画像やPDFへのマークアップ

OS Xのメールアプリは受信した画像やPDFに文字や図形を挿入して返信することができたり、プレビューアプリでも同様のマークアップ機能が利用できるようになりました。

しかし、タッチパネルを搭載していないので文字入力は基本的にはキーボードから文字を打つという昔ながらの手法となります。もし、MacでApple Pencilを使うことができたら、こんな感じで手書きで指示を出すこともできます。

OS X マークアップ Apple pencil

Microsoftのウェブブラウザ「edge」では手書きでマークアップができる機能が標準搭載されており、指示を出すという点においてはWinodws 10(Surfaceなど)の方が使い勝手がいいように感じます。

スポンサードリンク

Adobeのクリエイティブアプリ

Mac版のAdobe製品群でApple Pencilが使うことができたら、操作性がかなり向上することになりそうです。Illustratorでイラストを描いたりする時はもちろん、Photoshopでトリミングをする時などもマウスでパス線を引くよりもApple Pencilでなぞって引いた方が明らかに便利で作業も速いと思います。

Windows版ではタッチ操作にすでに対応していますが、Macがタッチ操作に対応しない限り実現不可能な機能です。

まとめ

タッチ操作ができるようになったら便利だなと思ったのはこれくらいのアプリしか思いつかなかったので、なくてもいいようにも感じますが、あったら便利だと思います。

また、タッチ操作と言っても指での操作は対応しなくてもいいのかなとも思います。というのも、MacBookの画面が指紋で汚れてしまうのが嫌なので。だから、あえて指での操作はできない仕様にしてApple Pencilだけ反応するような、そんなタッチパネルが採用された嬉しいなと…。

Appleは2016年6月13日より開発者会議「WWDC 2016」を開催し、次期バージョンの「iOS10」と「OS X 10.12(Mac OS 10 ??)」を発表、さらにデザインを刷新した新型のMacBook AirとMacBook Proの発表が期待されています。ここで次世代のMacを見ることができるのか、ちょっと期待したいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。