MacBook Pro Retina 2015をOS X 10.11.4にアップデートでフリーズする不具合が発生

スポンサードリンク

OS X 10.11.4でシステムがフリーズする不具合

2015年のMacBook Pro Retinaディスプレイモデルに「OS X El Capitan 10.11.4」にアップデートをすることで、システムがフリーズしてしまう現象がMacRumorsのフォーラムで報告されていることが明らかになりました。

MacBook Pro Retina

システムがフリーズしてしまう不具合は「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」で多く報告されているようですが、一部の「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」での報告も上がっているようで、ディスプレイサイズに関係なく2015年モデルにおいて不具合が発生しているようです。

症状としては「OS X El Capitan 10.11.4」にアップデートしたシステムで、Safari、Adobeの画像処理アプリケーション「Photoshop」、またサードパーティ製のウェブブラウザを利用している時に画面が固まりマウスカーソル、トラックパッドなどの動作もできなくなるというもの。

スポンサードリンク

復帰する方法

もし、同様な現象が発生した場合は強制的に再起動するしか復帰する方法はないようです。

頻度としては1週間に1回くらい発生するとのこと。原因は不明ですが、クラッシュログレポートからシステムフレームワークやグラフィックスドライバーのバグの可能性が高いようです。

なお、この不具合を修正する方法はバージョンを10.11.3に戻すかクリーンインストールをするしかないようです。この不具合はSafari Technology PreviewやOS X 10.11.5 Public Beta 1でも発生しているそうですが、このように話題になったことでAppleもバグの修正を実施することになるでしょう。次期アップデートで修正されることに期待したいですね。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。