12インチMacBook 2016のCPUベンチマークスコアを旧型と比較!

スポンサードリンク

12インチMacBook (Early 2016)のCPU性能比較

12インチMacBookがアップデートされてCPUプロセッサにSkylake-Y Core Mシリーズが搭載され従来通り、1.1GHz・1.2GHz・1.3GHzの3つのプロセッサから選ぶことが可能となっていますが、旧モデルから性能はどれくらい向上しているのかが気になるところ。

CPUの性能を測定することができるGeekbench 3では12インチMacBook (Early 2016)のベンチマークスコアがすでに公開されているので、旧モデルとの比較をしてみたいと思います。

MacBook

Core m3(1.1GHz)モデル

エントリーモデルとなる1.1GHzモデルは「Core m3-6Y30」が搭載されています。ベースクロックは900MHzですが、旧モデルと同様にcTDP(Configurable TDP)することで通常状態よりも性能を高めているようです。

「Core m3-6Y30」と「Core M-5Y31」のGeekbench 3スコアは以下のとおりで、旧モデルと比較して10%前後の性能アップが期待出来そうです。

MacBook 2016
Core m3-6Y30
MacBook 2015
Core M-5Y31
シングルコア 32bit 2292 2117
マルチコア 32bit 4468 3943
シングルコア 64bit 2541 2441
マルチコア 64bit 5011 4566

Core m5(1.2GHz)モデル

ハイエンドモデルとなる1.2GHzモデルは「Core m5-6Y30」が搭載されています。ベースクロックは1.1GHzですので、こちらも旧モデルと同様にcTDP(Configurable TDP)することで通常状態よりも性能を高めているようです。

「Core m5-6Y54」と「Core M-5Y51」のGeekbench 3スコアは以下のとおりで、10%前後の性能アップとなっています。

MacBook 2016
Core m5-6Y54
MacBook 2015
Core M-5Y51
シングルコア 32BIT 2534 2298
マルチコア 32BIT 5104 4494
シングルコア 64BIT 2894 2301
マルチコア 64BIT 5845 4709
スポンサードリンク

Core m7(1.3GHz)モデル

CTOモデルとなる1.3GHzモデルは「Core m7-6Y75」が搭載されベースクロックは1.2GHzとなっています。まだ、ベンチマークスコアが公開されていないので、どれくらいの性能アップとなるかは不明ですが、傾向からみると10%前後に性能向上になっていることが予想できます。

MacBook 2016
Core m7-6Y75
MacBook 2015
Core M-5Y51
シングルコア 32BIT 2513
マルチコア 32BIT 4864
シングルコア 64BIT 2747
マルチコア 64BIT 5476

MacBook (2016)の1.1GHzモデルの性能はMacBook (2015)の1.2GHzモデルのCore Mプロセッサ並みといった感じで同じ価格でワンランク上の性能を手にすることができると言えそうです。

また、メモリの帯域が25.6GB/sから29.8 GB/sに、内蔵GPUがIntel HD Graphics 5300からIntel HD Graphics 515に、SSDストレージが高速化されたことから、体感速度はCPUのアップデート以上に感じることができるかもしれませんね。

→ MacBook – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。