OS X 10.11.4 SafariのJavaScriptダイアログがウェブページ内表示に変更へ

スポンサードリンク

OS X 10.11.4のJavaScriptダイアログがウェブページ内表示に

「OS X 10.11.4 El Capitan」に搭載されている「Safari 9.1」のJavaScriptダイアログがウィンドウ表示からウェブページ内表示に変更されていることが明らかになりました。この仕様の変更によって、JavaScriptダイアログが表示された状態でも、その他の作業を続行することが可能となります。

こちらはOS X 10.11.3にてJavaScriptダイアログを表示させた時の画面です。ダイアログの処理を完了するまで新しいタブはウィンドウを開くなどの作業をすることはできません。

osx10_10_3_safari

しかし、OS X 10.11.4ではJavaScriptダイアログがウェブページ内に表示され、新しいタブやウィンドウを開いたりすることが可能となっています。

JavaScriptダイアログ OS X 10.11.4

もちろん、JavaScriptダイアログを表示させた状態でウィンドウを消すこともできるので怪しいサイトで架空請求のJavaScriptダイアログが表示されて、操作ができなくなってしまったという場合でも、×ボタンを押してウィンドウを閉じることも可能となります。(まあ、今時そーいうサイトもあんまり見かけなくなったように感じますが。)

OS X 10.11.4 El Capitanではメモアプリのパスワードロック(iOS9.3はTouch IDにも対応)に対応したり、新しい機能がいくつか搭載されており使い勝手は大きく向上することになりそうです。

Appleちゃんねる

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。