Photoshop CC 2015アップデートでiMac 5Kの30bit(RGB各10bit)ディスプレイ表示に対応

スポンサードリンク

Adobe Photoshop CC 2015が30bit(RGB各10bit)に対応

Adobeが2015年12月に入ってからアップデートを開始している「Adobe Creative Cloud 2015」の製品群ですが、「Adobe Photoshop CC 2015」において「30bit(RGB各10bit)ディスプレイ」の表示に対応したことが明らかになりました。

OS X 10.11 El CapitanをインストールしたMac Proと最新のiMac 4K/5Kディスプレイモデルにおいてと30bit(RGB各10bit)カラーがサポートされていることが明らかになっていましたが、Adobeは「Photoshop CC 2015」において正式にサポートしたことになります。

設定方法

設定は「環境設定」→「一般」→「パフォーマンス」→「グラフィックプロセッサーを使用」の「詳細」という項目にある「30bitディスプレイ」にチェックを入れることで利用することができます。

 Photoshop CC 2015

僕が利用しているMacBook Pro (Retina,Late2013) とDellの4Kディスプレイでは30bit(RGB各10bit)カラーは利用できる環境ではありませんが、チェックを入れることは可能となっています。

おそらく無駄に処理が重くなるだけで、通常時はオンにする理由はないでしょう。現時点ではiMac 4K/5Kディスプレイモデルだけが手軽に30bit(RGB各10bit)カラーを利用することが可能となっています。このモデルに関しては最大で10億7,374万色の表示が可能となっており、写真などの表示がより奥深いものになっています。(少なくとも僕の目では違いを感じることはできませんでしたが..)

UIデザインが新しく刷新

スポンサードリンク

なお、2015年12月のアップデートでPhotoshop CC 2015のUIデザインが大幅に変更になったようで、キャンセルやOKなどのボタンが丸くシンプルなものに変更されています。(今までは四角)

Photoshop CC 2015 UIデザイン

ちょっと見にくくなったように感じるのは僕だけでしょうか。また、起動時にスタート画面として20アクション前まで開いた画像を瞬時に開くことができるようになっています。

adobe2015-12-08-13.26.561

いきなり、この画面が起動してどうしていいものか分からなくなってしまいましたが、もちろん、右上の設定で変更することも可能です。

今回のアップデートは大きく変更が実施されているようです。

Appleちゃんねる

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。