iMac 5K/4Kディスプレイは10ビットカラーの10億7,374万色に対応!

スポンサードリンク

iMac 5K/4Kは10ビットカラーの10億7,374万色に対応

OS X El Capitanを搭載した「iMac 4K Retinaディスプレイ」と「iMac 5Kディスプレイモデル」は、10ビットカラーとなる10億7,374万色に対応し、今までの8ビットカラーの1,677万色から大幅に表示できる色数が高くなっています。

10ビットカラーに対応しているかどうかを確認するには、「このMacについて」→「システムレポート」→「グラフィック/ディスプレイ」の「ピクセル深度」から確認をすることが可能となっており、「30ビットカラー(R×10bit,G×10bit,B×10bit)」と表示されていれば10億7,374万色に対応していることになります。

グラフィックボード

現時点で10ビットカラーに対応しているアプリはAppleの写真アプリとプレビューアプリのみとなっているそうで、OS X El CapitanにアップデートしたiMac 5Kディスプレイモデル(Late 2014)、Mac Pro(Late 2013,AMD Dual FirePro D500)とEIZOの液晶ディスプレイ「CS230」との組み合わせも10ビットカラーをサポートしているとのこと。

30ビットカラーと32ビットカラーの関係

スポンサードリンク

ちなみに、MacBookシリーズについては「32ビットカラー」と表示されていますが、32ビットカラーというのは実際には「24ビットカラー(R×8bit,G×8bit,B×8bit)」となっており1,677万色の表示しか対応していません。

  • 24ビットカラー:1,677万色
  • 30ビットカラー:10億7,374万色
  • 32ビットカラー:1,677万色

32ビットカラーより30ビットカラーの方が表現できる色数が多いとはちょっと違和感も感じますが、32ビットカラーは(R×8bit,G×8bit,B×8bit)のうち残りの8bitはダミーとして扱われることが多いそうです。

iMac – Appleオンラインストア

気になる、記になるMacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。