OS X El Capitan でメニューバーとDockを隠し非表示にして作業エリアを拡大する方法

スポンサードリンク
OS X El Capitan メニューバーを隠す

OS X El Capitan のメニューバーを非表示にする方法

OS X El Capitan は細かい部分で機能が改善されていますが、Dockに続いてメニューバーも非表示にすることができるようになっています。

デスクトップ画面の上部メニューバーを非表示にするには、「システム環境設定」→「一般」に新設された「メニューバーを自動的に隠す/表示」にチェックを入れるだけです。

メニューバーを自動的に隠す/表示

すると、上部のメニューバーが綺麗さっぱり非表示に。

メニューバーを自動的に隠す/表示をオンに

メニューバーを表示させたいときはカーソルを上部に移動させるだけで表示することができますので、常に時間などを確認する必要がない方はメニューバーを非表示にしていてもいいのかもしれません。

また、いつから搭載されているのか分からない「Dockを自動的に隠す/表示」を組み合わせることで、作業エリアを増やすことができます。一応、設定方法を紹介しておきます。

OS X El Capitan のDockを非表示にする方法

「システム環境設定」→「一般」に新設された「Dockを自動的に隠す/表示」にチェックを入れると非表示にすることができます。

Dockを自動的に隠す/表示

Dockが隠れました。

Dockを自動的に隠す/表示にチェック

これでデスクトップにあるのはフォルダ類だけとなり作業エリアがかなり広がることになります。

デスクトップ OS X El Capitan

特に画面が小さい12インチMacBookや11インチのMacBook Airで嬉しい機能と言えるかもしれませんね。でも、僕はメニューバーとDockが表示されていないと落ち着かないのでこのまま表示させたままにしておこうかと思っていますが。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。