OS X El Capitanのフルスクリーンモードで2画面操作(SplitView)をする方法

スポンサードリンク

OS X El Capitanのフルスクリーンモード(SplitView)

SplitViewの使い方 OS X El Capitan

OS X El Capitanの新機能となるフルスクリーンモードにて2画面操作を行うことができる「SplitView」は、OS X Yosemiteまで1画面でしか操作ができなかったフルスクリーンモードを拡張した機能で、特にサイズが小さいMacBookなどで使いこなすことで生産性が上がることは間違いない機能といえます。

SplitViewはiOS9をインストールしたiPad Air 2などで利用できる機能となっていますが、OS X El Capitanも同様に利用することができるようになりました!

OS X El CapitanでSplit Viewを使う方法

OS X El CapitanにてSpli tViewを起動させる方法は主に2つあります。

Mission Controlから起動

一つ目はMission ControlからSplit Viewを起動されるというこものです。Split Viewを起動したいアプリをあらかじめフルスクリーンモードにしておきます。そして2画面にしたいアプリのウィンドウをドラッグ&ドロップで上部のSpaceに重ねることでSplit Viewが起動するという仕組み。

例えば、SafariをフルスクリーンモードにしてからChromeをMission Controlからドラッグ&ドロップでSplit Viewを起動すると

Split ViewをMission Controlで

このように2画面に切り替わります。

Split View

最大化(フルスクリーン)ボタンを長押し

二つ目の方法は、緑色の最大化(フルスクリーン)ボタンを長押しすることでSplit Viewを起動されることができます。

フルスクリーンボタンを長押し

例えば、Safariのウィンドウのフルスクリーンボタンを長押しすると、薄い青色のエリア選択が表示され左か右かを選ぶことが可能になります。
Split Viewを起動

右に選択すると、右側にSafariが配置され、左側には他のSplit Viewに対応したアプリの一覧が表示されます。(今回はFinderかChrome)Split Viewの使い方

Chromeを選択すると、左側にChrome、右側にSafariといった2画面が完成です。

Split View

解除する方法

Split Viewを解除するには、マウスポインタを上部に持ってくるとメニューが表示されるので、フルスクリーンモードボタン(緑色)をクリックすると解除されます。

また、Mission ControlのSpaceから下にドラッグ&ドロップすることで簡単に解除することも可能です。

SpaceからSplit Viewを解除

Split Viewを可変させる

スポンサードリンク

Split Viewのウィンドウに幅は中央の境界線をクリックしながら動かすことで変更することができます。

Split View ウィンドウの幅を変更

さらに、メニューバーをクリックしながら左右に動かすことで、左右のウィンドウを入れ替えることもできます。

Split View ウィンドウを入れ替える

Windows 8.1やWindows 10にも似たような機能が元々搭載されていますが、動作が若干異なるようですね。例えば、Windowsの場合は2スクリーンモードで利用している時に真ん中の境界線を片側だけ可変させてデスクトップを表示されるということも可能。

OS X El Capitanはスワイプすることで画面を切り替えデスクトップを表示する仕様。また、2画面のウィンドウの入れ替えはOS X El Capitanの方が操作し易いなどの特性が異なります。

いずれにしても、OS X El Capitanに2画面操作が可能なフルスクリーンモードが搭載されたことで12インチのMacBookなど比較的小さい画面の機種での使い勝手が大きく向上することは間違いないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。