Parallels Desktop 11 for Macリリース!パフォーマンス向上とOS X El CapitanとWin10に対応へ!

スポンサードリンク

Parallels Desktop 11 for Macがリリース!

Parallelsが仮想マシン環境アプリ「Parallels Desktop for Mac 11」を正式に発売を開始しました。同バージョンで正式に「Windows 10」と「OS X 10.11 El Capitan」に対応します。

Parallels Desktop 11 for Mac」

パフォーマンスが向上と機能が進化

Parallels Desktop for Mac 11のその他の特徴としては、Windows 8.1 および Windows 10 では、起動時間およびシャットダウン時間が最大 50% 速く、バッテリー駆動時間が最大 15% 長く、仮想マシンを中断するまでの時間が最大 20% 速く、Windows タスクの多くが最大 20% 速くなりパフォーマンスの向上が図られています。

さらに、OS Xのプレビュー機能となる「Quick Look」をWindows上で利用できたり、Winodws 10の音声アシスタント Cortana を Winodws 10 をメインで利用していないMac上でも利用することが可能となっています。

なお、価格は通常版が8,500円、アップグレード版が5,300円となっています。

アップグレードは必要か?

Parallels Desktop 10 for MacにおいてもWindows 10のプレビュー版が普通に動いているので11にアップグレードする意味合いがあるのか微妙なところですが、正式版をちゃんと利用したい、少しでもパフォーマンスを向上させたいというユーザーさんはアップグレードをした方がいいのかもしれません。

アップグレードするかどうか迷うなー。

追記(2016年7月)

結局のところParallels Desktop 11 for MacにアップグレードをしてWindows 8.1とWindiws 10を利用しています。バージョン10からの大きな違いはさほどないように感じますが、Mac上で非常に快適にWindowsを利用することができ、据え置きのWindowsマシンを廃棄してしまいました。

そろそろParallels Desktop 12 for Macも出てきそうな気がしますが、どのような進化を果たすことになるのか、非常に楽しみです。

Parallels Desktop 11 for Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。