OSX 10.11 El Capitanのツールバーに境界線とグラデーションが追加され視認性向上へ!

スポンサードリンク

OS Xのツールボタンにグラデーションが戻ってきた

OS X Yosemite 10.10で完全にフラットデザインになったUIですが、最新バージョンとなる「OS X 10.11 El Capitan」のUIはツールボタンのデザインにグラデーションが少しだけ掛けられるなど、若干の変更が加えられていることが明らかになりました!

OS X El Capitan

これは、OSXDailyなどが明らかにしたもので、OS X 10.11 El CapitanはシステムフォントにAppleの新しい独自フォントであるSan Franciscoが採用される他に、ツールバーのデザインにグラデーションが追加されヨセミテよりも立体的に表示され視認性が向上しているようです。

ただし、大幅に刷新されたわけではなく非常に微妙な変更で気付かないレベルといってもいいかもしれません。

ボタンの境界線がクッキリしグラデーションが掛かる

YosemiteとEl Capitanのツールバーのデザインの違いを比較したのがこちらの画像です。(クリックで拡大できます)

El Capitan ツールバーデザイン

違いが分かるでしょうか?

アイコンの背景にうすーくグラデーションが掛けられて、境界線には線が追加されくっきりとしたボタンに変更されています。

El Capitan ツールバーデザイン

OS X Yosemiteではアクセシビリティの「コントラストを上げる」で境界線を追加することができましたが、OS X El Capitanはデフォルトで薄い境界線が追加されるようです。

このように並べて見ないと分からないくらいのデザイン変更ですが、確実に現行のヨセミテよりはクッキリとしたデザインになっており視認性は間違いなく高くなっているでしょう。

スポンサードリンク

OS X Yosemiteではフラットデザインにし過ぎて、ツールバーなどが見難くなったと感じるユーザーも多いです。

このような改良は歓迎すべき点であり、YosemiteではAppleの独りよがりなデザインをユーザーに押しつけた感がありましたが、OS X El Capitanはこのようなユーザーの声を反映させた心優しいバージョンになっているといえるかもしれません。

DribbbleAppleちゃんねる
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。