15インチMacBook Pro 2015上位モデルが5Kディスプレイ「Dell UP2715K」正式対応へ

スポンサードリンク
MacBook Pro 15 4K&5Kディスプレイ

15インチMacBook Pro Retina 2015は5K出力に対応

AppleがAMD Radeon R9 M370Xの外部GPUを搭載した上位モデル「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) 」が5Kディスプレイ「Dell UP2715K」に対応していることをサポート・ドキュメントを更新して明らかにしています。

5Kディスプレイに対応しているのは他に、27インチiMac 5Kディスプレイモデル (Late 2014) とMac Pro (Late 2013) があります。DisplayPortの仕様上、2本のケーブルを使って出力をすることになります。

macbook-5k

また、4K(3,840 × 2,160)より上の解像度となる 4K(4,096 × 2,160ピクセル)出力はR9 M370X搭載モデルならシングルストリームで@60Hzの出力が可能になっています。

macbook-5k-01

仕様を変更

スポンサードリンク

MacBook Pro Retina (Mid 2015) が発表された時から、仕様書から4Kを超える(5,120 × 2,160ピクセル)の解像度の出力が可能となっていることが明らかとなっていましたが、今回、Appleがサポート・ドキュメントにDellの5Kディスプレイ「 UP2715K」(5,120 × 2,880ピクセル)の名前を追加したことで5,120 × 2,880ピクセルの解像度が正式にサポートされたことになります。

ちなみに現在の仕様書は5,120 × 2,160ピクセルから5,120 × 2,880ピクセルに修正されています。もしかしたら、単純に記載ミスだったのかもしれませんね。

いずれにしても、外部GPU「AMD Radeon R9 M370X」を搭載した上位モデルだけは5K出力が可能になるということは、エントリーモデルとの差別化が図ることができるといえるかもしれません。

MacBook Pro – Appleオンラインストア

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。