MacBookの感圧トラックパッドで調べる&データ検出機能が動作しない時は再起動を!

スポンサードリンク
感圧トラックパッド プレビュー

感圧タッチトラックパッドの不具合??

12インチのMacBook (Early 2015) の感圧タッチトラックパッドは「1本指で強めのクリック」をすることでSafariなどではリンク先のプレビュー画面を表示させることができる「調べる&データ検出」という機能が搭載されており、個人的にはかなり便利な機能なのでよく利用をしています。

しかし、まれに「1本指で強めのクリック」をしてもプレビューや検索が出来ないことがあります。

地図アプリのズームなどのスピード調整が出来るので感圧機能は動作していると思うのですが、強くタップすることで動作するはずの「調べる&データ検出」が動作しないという不具合が発生してしまうようです。

どのようなタイミングで「1本指で強めのクリック」による「調べる&データ検出」が使えなくなるのか分かりませんが、僕はMacBookを基本的にはシャットダウンをせずにスリープ状態にしておくことが多いです。そして何度もスリープか、起動を繰り返しているうちに、いつのまにか機能が効かなくなってしまっているように思います。

あくまでソフトウェア的な問題のようなので同現象が発生してしまった場合はMacを再起動をかけることで改善します。

「調べる&データ検出」機能は「3本指でタップ」でも利用可能

スポンサードリンク

「調べる&データ検出」機能は感圧タッチトラックパッドを搭載していないモデルでは「3本指でタップ」で利用することができますが、感圧タッチトラックパッドを搭載しているMacBook (Early 2015) と13インチMacBook Pro R (Early 2015) もトラックパッドの設定を「1本指で強めのクリック」から「3本指でタップ」に変更することで「調べる&データ検出」機能を利用することができます。

「調べる&データ検出」の機能 MacBook

僕のMacBookだけなのか、手が汚れているからなのかわかりませんが、たまにトラックパッドの反応が悪くなったりすることもあるので、今後のソフトウェアアップデートで動作が安定していくことに期待したいところです。

感圧タッチトラックパッドは物理的なクリックではなくApple Watchにも搭載されているTaptic Engineの振動によってクリックした感覚を得ることができ、さらに強くクリックすることでもう一度クリックしたかのような感覚を得ることができる不思議なトラックパッドです。

今後の発展が楽しみなパーツの一つでもあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。