USB-CとLightningケーブルを比較!若干大きくなり耐久性が高そう!

スポンサードリンク

USB-C to USB Adapterのレビュー!

12インチのMacBookを利用するなら現段階では必須アイテムと言ってもいい「USB-C to USB Adapter」が本体よりも先に届いたのでレビュー記事を書きたいと思います。

このアダプターはUSB-CとUSB-Aの変換アダプターとなっており、これがなければiPhoneへの充電や外部ストレージへのアクセスも現時点では出来ません。

USB-C USB-A 変換アダプター

内容物はUSB TypeC-Aの変換アダプタと説明書という構成となっています。

USB-C A 変換アダプター 付属品

アダプターの長さは約13センチと非常に小柄な大きさとなっているので持ち運びに苦労することはほとんどないでしょう。

USB-C A 変換アダプターの長さ

USB-CケーブルとLightningケーブルの比較

せっかくなのでiPhoneやiPadのLightningケーブルの端子部分を比較してみました。左がLightningコネクタ、右がUSB Type-Cのコネクタです。

USB-CとLightningの端子比較

iPhonrやiPadのLightningコネクタよりも一回り大きなサイズとなっていますが、端子部分が剥き出しになっていないことから腐食に関しては問題が発生しにくい構造といえそうです。

スポンサードリンク

ケーブルの太さや根の部分などの大きさがUSB-Cの方が一回り大きくなっています。USB-Cは最大100Wまでの電力を供給することができる構造となっていので、基本的にはケーブルは太くなっているのかもしれません。

USB-CとLightningコネクタ 比較

見た感じではLightningケーブルよりも耐久性は高くなって丈夫になっているように見受けられるので、ケーブルの根元が断線した、壊れたなどといった問題は少なくなりそうです。

iPhoneとiPadに採用して欲しい

iPhoneやiPadにUSB-Cが採用されると基本的に1本のケーブルを持ち歩くだけでいいので、カバンの中がケーブルだらけになることを防ぐことができます。

少しLightningケーブルよりも太いので取り回しが不便になるかもしれませんが、耐久性のことを考えると次期iPhoneでUSB-Cのケーブルを採用してほしいところです。ただ、コネクタの穴が大きくなるので薄さを考えるとiPhone 6より本体が薄くなると採用が厳しいようにも思えるので難しい判断となるような気もしますね。

→ 12インチMacBook – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。