OS X 10.10.3でiMac 5KとMacPro 2013がDellの5Kディスプレイをサポート!

スポンサードリンク
Imac5k dell

OS X 10.10.3で5K出力に対応

OS X Yosemite 10.10.3へのアップデートで「iMac 5K Retinaディスプレイ」と「Mac Pro Late 2013」が、Dellの5Kディスプレイ「UP2715K」に正式にサポートしたことがAppleのサポートページから明らかになりました。

現在のMacシリーズに搭載されているThunderbolt 2はDisplayPort 1.2の規格となっており1本で21.6Gbpsの帯域までしかサポートしていません。5K(5,120 x 2,880ピクセル)を表示させるためには28Gbpsの帯域が必要となってくるのですが、OS X Yosemite 10.10.3によってDisplayPortケーブルを2本接続させることによって5K出力が可能になるようです。

5k apple dell

今回のアップデートで5Kディスプレイへの対応がサポートされたことで、Mac Pro (Late 2013)を使っているユーザーにとっては朗報ともいえそうです。また、iMac 5KでもDell UP2715Kを組み合わすことで5Kデュアルディスプレイという夢の環境を手に入れることも可能となります。

なんと贅沢な環境でしょうかね…!

SSTの4K@60Hzに対応

スポンサードリンク

また、新たにMST(マルチストリーム)だけではなくSST(シングルストリーム)の4K@60Hzがサポートされたようで、対応機種の中に12インチMacBookの文字もあります。

4K 12インチMacBook

12インチMacBookは「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」を使ってのHDMI経由で「4K@30Hz」出力が可能となっていますが、DisplayPortによる出力なら「4K@60Hz」の表示が可能ということでしょうかね?しかし、今のところそのようなアクセサリはありませんし、そもそもMacBookのポートは最大5Gbpsの通信速度USB3.1Gen1が一つしか搭載されていないので不可能のような気もするのですが….謎です。

Appleちゃんねる

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。