13インチMacBook Pro Retina 2015でUI動作が遅くなる不具合が発生か

スポンサードリンク
Macbook 13inch

13インチ MacBook Pro Retina (Early 2015)で動作が遅くなる現象

先日発売が開始されたばかりの 13インチ「MacBook Pro Retina (Early 2015)」においてOS X YosemiteのUIの動作が急激に遅くなりラグが発生するという問題がMacRumorsのフォーラムで明らかになっているようです。

症状としてはUIの動作が全体的にコマ送りなってしまうようで、Mission Controlやウィンドウサイズの可変、WEBページのスクロールなどの動作が遅くなってしまっているようです。MacRumorsのフォーラムでは200件近いコメントが書き込まれて問題になっているようです。

動画が公開されています。

確かに全体的に動作がカクついておりスムーズさがウリのOS X Yosemiteの良さは激減しているようです。

解決方法

スポンサードリンク

対処法としてはアクセシビリティの「コントラストを上げる」をオンにしたりPRAMのリセットをすることで改善させることができるそうです。また、OS X Yosemiteのクリーンインストールで解決する場合もあるようですが、根本的な解決方ではないように感じますね。

僕が所持している15インチのMacBook Pro (Late 2013)ではこのような症状になることはほとんどありません。たまに重い処理をした後に文字入力の延滞が発生することもありますが再起動することで問題は解決します。

MacBook Pro Retina (Early 2015)は統合GPUのIntel HD Graphics 6100が採用されていますが、OSとの相性があまり良くなかったのでしょうかね…?12インチのMacBookが大丈夫なのか非常に気になる点でもあります。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。