12インチMacBookのCore M-5Y31 1.1GHzのベンチマークが登場!

スポンサードリンク

「MacBook」のGeekbenchベンチマークが登場!

新型の12インチの「MacBook」のGeekbenchによるベンチマークスコアが公開されていることが明らかになりました!

公開されたベンチマークはエントリーモデルとなる1.1GHzのCore-Mプロセッサを搭載したものとなっており、プロセッサの型式は「Core M-5Y31」となっておりシングルコアが「1924」、マルチコアが「4038」という結果となっています。

Macbookbenchmark 12インチ

Core i5 1.6GHzのプロセッサを搭載しているMacBook Air (Early 2015)はシングルコアが「2881」、マルチコアが「5757」となっていることから、12インチのMacBookの性能は一回り下回る結果となっています。

2011年のMacBook Airと同等の性能

スポンサードリンク

なお、今回のスコア結果は2011年の上位版のMacBook Airに搭載されていたCore i7 1.8GHzのプロセッサと似た性能を発揮しているようです。

関連 12インチMacBookのCore MとCore i5の性能比較したら意外と高性能!快適に動作するかも!

MacBookは標準モデルで1.1GHz、上位モデルで1.2GHz、オプションで1.3GHzのプロセッサを選択することができます。

12インチのMacBookはRetinaディスプレイを搭載しMacBook Airと比較してもCPUにかかる負荷は増加しているでしょうから、少しでも性能を重視したいという場合はオプションで1.3GHzのプロセッサを選択したほうが賢明かもしれません。

なお、MacBookのCore Mプロセッサは通常版からクロックアップしたモデルが採用されているっぽいですよ。

関連 新MacBookに搭載のCore MはcTDPでクロックアップされたCPUプロセッサ?

MacRumous

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。