Core Mを搭載した新MacBookはファンレス小型化を実現も性能を犠牲に

スポンサードリンク

12インチMacBook搭載のCore Mプロセッサ

Appleの新しい12インチMacBookにはIntelのBroadwell-YのCore Mプロセッサをを搭載していますが、同プロセッサは省電力という特性を持っていることから軽量ノートパソコンやタブレット端末への搭載を想定したものとなっています。

Core Mは800MHz〜1.2GHzのクロック数のモデルが存在していますが、12インチのMacBookは1.1GHzと1.2GHzのCoew Mプロセッサの中では最速のモデルを採用しています。統合型グラフィックチップはHD Graphics 5300が採用されています。

新しいMacBookはCore Mプロセッサを搭載することでファンレス機構を実現しメリットを受けていますが、その反面としてCore Mプロセッサを搭載したことでデメリットがあります。

Core Mプロセッサ

メリット:ファンレス構造でより小さく静かに

Core Mプロセッサは14nmプロセスを採用しているから非常に小さいサイズのプロセッサとなっており、消費電力も4.5WとMacBook Airなどに採用されているBroadwell-Uが15W前後の消費電力であることを考えると非常に省電力なプロセッサです。

新しいMacBookはこの消費電力の少ないCore Mプロセッサを搭載することでロジックボードをMacBook Airの1/3の大きさにすることができ、さらに熱の発生が少ないことからファンレス構造を実現することができ、究極にまでサイズを削り落としたMacBookを実現できたことになります。

つまり、Core Mプロセッサが存在しなければ12インチのMacBookは存在しなかったと言っても過言ではありません。

デメリット:性能不足とバッテリー駆動時間が意外と伸びていない

スポンサードリンク

Core Mプロセッサはパフォーマンスが低いというところに欠点があります。

MacBook Airに搭載されているBroadwell-UのデュアルコアのCore i5プロセッサは1.3GHzまたは1.6GHzのクロック数を誇り、統合型グラフィックチップはより性能の高いHD Graphics 6000が搭載されています。

Core MはCore i5と比較しても性能は低いことが想像出来ますが、実際に12インチのMacBookのベンチマークが明らかになっていないことから比較はできません。

しかし、他メーカーのパソコンに搭載されているCore Mプロセッサのベンチマークなどの比較からある程度の性能は分かっており、CPUパワーに関してはCore i5に健闘しているもののGPUパワーは半分以下になっていることは明らかになっています。

関連 12インチMacBookのCore MとCore i5の性能比較したら意外と高性能!快適に動作するかも!

そんな中で新しいMacBookは2,304 x 1,440ピクセルのRetinaディスプレイを搭載しており、よりプロセッサに負荷が掛かることになり、実際にどれほど操作感になるかは不透明です。

また、Retinaディスプレイを搭載したことでディスプレイの消費電力は増加しておりCore Mプロセッサを搭載したからといってバッテリー駆動時間はMacBook Airとほぼ同じという仕様になっている点も残念なポイントです。

Macbookの価格差をどう思うか

12インチのMacBookのターゲットユーザーは3Dグラフィックや動画編集、写真編集といった作業をするユーザーではありません。

個人的にはRetinaディスプレイを搭載したことからブログを書く、資料を作るなど文字をメインで扱うユーザーにとっては魅力的なデバイスだと考えています。プロセッサに関しても文字を書くという作業であれば十分なスペックでしょう。

関連 12インチMacBookはサブ機として究極のモバイルパソコン!妥協しないデザインも魅力!

11インチのMacBook Airが102,800円〜、12インチのMacBookが148,800円〜、価格差は46,000円です。文字を書くため、ネットサーフィンをするためのデバイスとなるMacBookに46,000円の価格差にメリットを感じることができるかが購入のポイントになることになりそうです。

ちなみに13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイは12インチのMacBookと同じ148,800円〜となっていることから、非常に悩ましい問題であることは間違いないでしょう。


追記(15.05.20):性能不足も否めないがちゃんと動作する

Core M 1.1GHzプロセッサを搭載したMacBookを購入しました。

MacBook Proなどと比較すると遅いと感じることは多々ありますが、必要最低限のスペックを備えていると思います。Adobeのデザイン系のアプリもちゃんと動作しますし、動画処理を連続的に行うという作業をしなければ特に問題はないのかなと感じます。

以下、実際に使ってみたレビュー記事なので合わせてご覧下さい。

関連
MacBookの充電がUSBポートとなりMagSafeの素晴らしさを再認識
12インチMacBookの1.1GHz・1.2GHz・1.3GHzの各CPUベンチマークスコアの比較
12インチMacBookの使いやすさや電池の持ちなど使用感レビュー!

AppleInsider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。