OS X Yosemiteのストレージ空き容量の表記がおかしい時に修正する方法

スポンサードリンク

OS X 10.10でストレージ容量の表記がおかしい

これもOS X 10.10 Yosemiteのバグ、不具合なんでしょうかね?

Appleメニューにある「このMacについて」を起動するとMacのバージョンなど様々な情報を確認することができますが、ストレージ容量がおかしいです。

335.64GBの空きとなっているのに、種類別でみるとAppが260.39GB…この時点で容量オーバーです。Finderの情報で確認したところストレージの使用量は154.16GBとなっていたので「335.64GBの空き」という部分は間違い無さそうです。

このMacについて ストレージ容量

このまま放置しておいても特に問題もないのでいいのかもしれませんが、なんとなく気持ちが悪いので修正したいと思います。

「このMacについて」のストレージ容量の数字がおかしくなるのはSpotlight関連のデータが壊れてしまっている可能性が高いそうで下記の作業をすることで、正しいストレージ容量の表記に戻すことができます。

スポンサードリンク

Spotlightの再構築

「システム環境設定」→「Spotlight」を選択して、上位フォルダとなる「Macintosh HD(環境によって名称が違います)」をSpotlightの検索から除外させます。Macintosh HDのアイコンをドラッグ&ドロップすれば除外させることができます。

Macintosh HD Spotlight 検索除外

検索から除外させたら「ー」をクリックして解除し再びSpotlight検索ができるようにします。

Spotlight 設定

これでSpotlightが再構築され「このMacについて」のストレージ容量の数字も正常に戻ります。

ストレージ容量

スッキリしました。

エラーが出ていた時のApp容量は260GBになっていましたから、明らかにおかしな表示ですよね。普段の使用においては特に影響がある部分ではないですが気になったらSpotlightの再構築を試してみてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。