新型MacBook向けUSB Type-Cコネクタの出荷をFoxlinkが開始へ

スポンサードリンク

コネクタメーカーがUSB Type-Cの出荷を開始

Appleの12インチのMacBook Air(Stealth)にはリバーシブル構造の「USB Type-C」が採用されることが兼ねてから伝えられていますが、台湾のコネクタメーカーFoxlinkがMacBook向けのUSB Type-Cを受注して出荷を開始したことをEMSOneが伝えています。

12インチMacBook Air ブラックベゼル

その他のコネクターメーカーではAppleのMacbookシリーズ以外にも15年第2四半期からUSB Type-Cの出荷が始まるそうで、2015年中旬にはUSB Type-Cを搭載した製品が多数登場することになりそうです。

12インチのMacBook Air向けのコネクタか?

スポンサードリンク

今回、Foxlinは新型MacBook向けのUSB Type-Cの出荷を業界では競合に先駆けて開始したことを伝えていますが、これが12インチのMacBook Airに採用されるものかどうかは不明です。

ただ、今までの情報では12インチのMacBook AirはThunderbolt端子やUSB 2.0が撤廃されUSB 3.1のType-Cのみ搭載されるといわれており、USB3.1の規格は電力供給が最大100Wに拡充されていることから充電もUSBで賄うことができる可能性があります。

関連 USBの電力供給が最大100Wに!新規格でノートPCのACアダプタが消えるかも?

噂ではUSB3.1Type-Cの1ポートだけの搭載になるといわれていますが、さすがに不便が出てくるので最低でも2ポート欲しいところですがどうなるでしょうか。12インチのMacBook Airは完全新設計で登場し11インチモデルよりも画面は大きくなりますが本体サイズは小型化が実現するとみられています。

関連 12インチMacBook Stealth(ステルス)の仕様が明らかに?

經濟日報

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。