OSX Yosemiteの透明度を下げるが勝手にオンになる現象はDuetDisplayの影響か

スポンサードリンク

OS X Yosemiteの透過処理が自動的にオフになる

ここ最近、Macを起動するたびにOS X Yosemiteの透過処理がオフになる減少に悩まされていたのですが、どうやらiPadをサブディスプレイ化するアプリ「Duet Display」が主犯格だったようです。

OS X YosemiteはUIデザインとして透過処理が多用していますが、GPUパワーが必要となるため旧型にMacでは動作がモタツクなどの障害もあります。しかし、「環境設定」→「アクセシビリティ」から「透明度を下げる」で透過処理をオフにすることができ動作を軽くすることも可能です。

アクセシビリティ 透明度を下げる

しかし、ここ最近はアクセシビリティから透明度を下げていないにも関わらずMacを起動するたびに透過処理がオフになりDOCKが白くなっていました。

OS X Yosemite Dock 透過処理オフ

「透明度を下げる」はGPUに負荷が掛かった時にも自動的にオンになることがあるのか、以前にiPadをサブディスプレイ化するアプリのDuet Displayを利用している時に自動的に透過処理がオフになったときがあったのです。

スポンサードリンク

Duet Displayを削除

ここでDuet Displayを疑ったわけで、それほど使用頻度も高くもなかったのでMacにインストールしてあったドライバーを削除しました。

Duet Display ドライバー削除

すると、Macを再起動しても透過処理がオフになることは今のところ無くなりました!これが原因という確信はありませんが勝手に透明度が切り替わることはなくなりました。

透明 DOCK

これで再起動のたびにアクセシビリティを開かなくても済みます!もし、同じような状況で(Duet Displayをインストールしている人はかなり少ないと思いますが…)困っている方がいたら、ぜひ試して見て下さい。

ただ、Duet DisplayについてはiPadをサブディスプレイにするアプリの中でもかなり使いやすい部類に入るので、この不具合はちょっと残念ですね。今後のアップデートで改善されることに期待したいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。