MacでiTunesを指でジェスチャー操作できる「ControlAir」がリリース!

スポンサードリンク

Macでジェスチャー操作を可能にする「ControlAir」

Appleがジェスチャー操作の特許を取得するなど次期Apple TVなどへのジェスチャー操作が期待できますが、ジェスチャー認識技術会社のeyeSightがMacでジェスチャー操作を可能とするアプリ「ControlAir」をリリースしました。

ControlAir

ControlAirで操作することができるアプリはiTunes、Spotify、Netflix、QuickTime、VLC、VoxなどのメディアアプリとなっておりMacに搭載されたカメラを利用して指でジェスチャーをすることで利用出来ます。

人差し指を立ててジェスチャー

ユーザーが人差し指を立てるとControlAirのインタフェースが起動し、指の動きで音楽の再生、一時停止、次曲へのスキップ、音量調節が可能になります。

また人差し指を立てて口元で「シー」とすると音量をミュートにすることができるようで遊び心も含まれているようですね。

ControlAirはバックグラウンドで起動している状態なら人差し指を立てることでジェスチャー操作をすることができるので、Macで音楽を聴いている時にiPhoneに電話が掛かってきたと同時に「シー」とジェスチャーすることで音楽をミュートにすることが簡単にできます。

Mac App StoreからControlAirは無料でインストールすることができます。対応OSは、OS X 10.9以降となっておりiSightカメラが付属しているMacBook Air、MacBook Pro、iMacで利用が可能となっています。

ControlAir App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

現在は音楽や動画メディアアプリのみの利用に留まっていますが、今後さらに利用できるアプリが増えれば使い勝手はかなり高いものになるかもしれません。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。