OSX Yosemite 10.10.3でGoogleアカウントの2段階認証を一括設定可能に

スポンサードリンク

OS X 10.10.3でGoogleアカウントの2段階認証をサポート

Appleが開発者に提供を開始した「OS X Yosemite 10.10.3 beta」でGoogleアカウントの2段階認証を「システム環境設定」の「インターネットアカウント」で一括設定することができるようになったそうです。

IMG_0031.jpg

Googleの2段階認証とは

Googleアカウントの2段階認証を設定しておくことでGoogleのアプリの利用やアカウントにアクセスする時に、登録してあるiPhoneなどのスマートフォンにインストールしたAuthenticatorや音声通話で送信されるパスワードの入力が必要となりセキュリティを高めるには重要な機能となっています。

OS X 10.10.2まではGoogleアカウントや個々のアプリに初めてアクセスする時に2段階認証のパスワードを求められていました。

システム環境設定からGoogle2段階認証の設定が可能に

しかし、OS X 10.10.3では「システム環境設定」の「インターネットアカウント」で一括設定ができるようになる、新しいGoogleアプリを利用する時にわざわざ2段階認証のパスワードの入力が必要なくなります。

Yosemite google 二段階認証

Googleの2段階認証の画面が出ると守られている感じがして良かったのですが、OS X10.10.3は一括設定が可能ということで便利になりそうですね。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。