新ブラウザVivaldiがサクサク快適!カラータブやタブスタッキングなど機能も充実!

スポンサードリンク

新しいブラウザ「Vivaldi」が面白い!

Operaの元CEOで共同創設者であるJon von Tetzchner氏がパワーユーザー向けの新しいウェブブラウザ「Vivaldi(ビバルディ)」を先日、Windows、Mac、Linux版でプレビュー版を発表しましたが、なかなか斬新な面白いブラウザなので紹介したいと思います。

Mac OS X VIVALDI ウェブブラウザ

VivaldiのベースとなっているのはChromiumのレンダリングエンジン「Blink」を採用しており、OperaやChromeなども「Blink」エンジンがベースになっていることを考えるとさほど違いはないのか….と思ってしまいます。

しかし、VivaldiはSpeed DialやマウスジェスチャーなどのOperaでお馴染みの機能にプラスして複数タブをドラッグ&ドロップして一つのタブにグルーピングできる「タブスタッキング」機能、キーボードのショートカットキーも多数設定されています。

実際にMac版をOS X Yosemite/El Capitanにインストールして試してみました!

タブスタッキング

タブスタッキング機能ではタブをこのように一つにまとめることができるので、多数のサイトを開いている時に関連しているサイトを一つのタブにまとめることができるという便利な機能です。

Vivaldiのタブ機能

使い方は簡単でまとめたいサイトのタブを統合させたいサイトのタブにドラッグ&ドロップするだけでOKです。

多彩なショートカットキー

Vivaldiはショートカットキーも多数準備されているのでマウスやトラックパッドがなくても、ある程度の操作は可能となっています。

Vivaldiのショートカット機能

覚えるのは大変ですが、とにかく操作を簡単にしたいパワーユーザーにとっては嬉しい機能。

カラータブ

Vivaldiはカラータブという面白い機能が搭載されています。

サイトにアクセスすると自動的にサイトの色合いを読み取って、サイトのイメージカラーをタブに反映してくれるのです。いくつかのサイトにアクセスしてみたのですが、以下のようにタブに色が変化しているのがわかります。

Vivaldiのタブカラーメニューバー

見事にサイトのイメージカラー通りのタブカラーが表示されていますね!

タブの位置を変更可能

さらに、タブの位置を上だけではなく上下左右どこにでも設定することができます。横に設定した場合はサムネイル付きで表示されるので、視覚的にタブ機能を使うことができます。

Vivaldi タブの横側の設定

これは新しい!ような気がします!

最近のウェブブラウザはどれも似たようなUIデザインになっていたので、Vivaldiによってまだまだブラウザは進化できることを思い知らせたのではないでしょうか。これをきっかけにAppleのSafariも更なる機能向上を図ってほしいところ!

スポンサードリンク

まとめ

Vivaldiは「Blink」のレンダリングエンジンを使っていることもあり、動作速度もかなり速くスゴく快適に利用することができます。本家のOperaよりも爆速なのではないかなと感じるほどでOperaの元CEOがVivaldiを開発したことでこちらが元祖みたいなものと言えるかもしれません。

現段階ではVivaldiはプレビュー版がWindows版、Mac版、Linux版が用意されており、正式版ではありませんがかなり快適に使うことができるので試してみてはいかがでしょうか。

Vivaldi 公式サイト

追記:すでに正式版となっており、2016年5月現在ではバージョン1.1となっています。ウェブブラウザ上にメモを残すことができる機能も搭載されています。

Vivaldi メモ

メモ以外にもURLや画像を残すことも可能となっており、Vivaldiだけで必要な情報収集を簡単に行えるようになっています。Vivaldiは少し癖のあるブラウザと言えそうですが、他のウェブブラウザにはない機能が多数搭載されており使いこなすことができれば便利になることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。