Windows10でCortanaが搭載されMacでSiriを使える日も近い?

スポンサードリンク

Windows10に音声アシスタントCortanaが搭載

マイクロソフトが発表した「Windows10」には音声アシスタントの「Cortana」が搭載されノートPCスタイルでも音声アシスタントを利用することができるようになります。これを受けてAppleのMacにもSiriが搭載される可能性が高まるのでしょうか。

iPhone siri

関連 Windows10の新機能「通知センター、音声アシスタントCortana、新ブラウザSpartan」など盛りだくさん!

AppleはiOSデバイスのみ

Appleは2011年に発売したiPhone 4sに音声アシスタント「Siri」を搭載しiPhoneに話しかけるだけでメッセージの送信や電話を掛けたり、検索をしてくれたり、たまには面白いことを言ってくれたりします。

最初は機能的にも制限があったので「楽しめる機能」という側面が強かったですが、iOS 8で搭載されたSiriはさらに賢くなり、車のナビと連携したり今後はスマート家電のHomekitの連携など生活面においても存在が強くなっています。

今後、MacにSiriは搭載されるのか?

MacのOS XにはまだSiriは搭載されていません。

Siriに似た機能としてMacには高度な音声入力機能は搭載されているので、iOSのSiriをOS Xに搭載させるのはさほど難しい作業ではないとは思います。

Mac 音声入力

また、AppleはMac向けのSiriの特許を申請していることも2014年8月に明らかになっています。

関連 AppleがMac OS X向けSiriの特許申請!タッチ操作で起動も可能に?

Siriはモバイルデバイスでの利用を想定している?

AppleがMacへのSiriの搭載をそれほど急いでいない理由はよく分かりませんが、元々の音声アシスタントの使い方としてはiPhoneなどの小さいデバイスでの文字入力の補助やハンズフリーでの利用を想定しているからでしょう。

なのでキーボードでの作業がメインのMacにおいてSiriはさほど必要のないものなのかもしれません。

ただ、今後のことを考えるとMacの操作も進化していくことが考えられるのでOS XにもSiriが搭載される可能性も高くなっていくのかもしれません。

まあ、WindowsがPCでタッチパネルを搭載したにも関わらずAppleはMacのタッチパネル化には慎重な姿勢を見せていますし、WindowsにCortanaが搭載されても比較対象にはならないのかなと思いますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。