Windows10の発表会で活躍したのはAppleのMacBookだった!

スポンサードリンク

Windows10の発表会でMacBookが多数活躍!

あー、やっぱりそうだったんですね。

マイクロソフトがシアトルにて開催した「Windows 10: The Next Chapter」で「Windows 10」や「ホロレンズ」などの詳細を発表しましたが、会場に集まった方が持ってきたデバイスはSurface…ではなくAppleのMacBook Pro/Airが大半を占めていたことがiMoreが明らかにしています!

こちらが、その衝撃の写真です!

Windows 10 event macbooks

見える範囲で、Surfaceっぽいデバイスを使っている方が3名、MacBook Pro/Airを使っている方が9名、その他が数名といったところでしょうか。

やはり文字書きにはMacBook Pro/Airが安定的な人気!

スポンサードリンク

iMoreによるとマイクロソフトのイベントでは何年もそのような状況が続いているそうです。

今回の発表でも会場にいるのはメディア関係者が多いのだと思いますが、文字を打つという基本的な作業に関してはMacBook Pro/Airは高い評価が得られているということなのでしょう。

Surfaceはタブレットにもなる2in1PCというメリットはありタッチパネル操作ができるなどMacにはない機能は魅力的ですが、膝において文字入力をする事が構造的に難しいですからね…写真を見て思います。

Windows10で挽回出来るか?

Windows10はWindows8.1と比較すれば非常にまとまりのあるOSに仕上がっているように感じます。ウィンドウなどのUIはグレーを基調にしたシックなものになりOS XのUIデザインに似てきているのではないかと思うほど。

関連
Windows10の新機能「通知センター、音声アシスタントCortana、新ブラウザSpartan」など盛りだくさん!
・Windows10はWindows7/8.1ユーザー1年限定無料でアップグレード可能に!

Macにはないタッチパネルの操作など魅力的な機能がWindows10には多数あるので、次に行われる発表会でSurfaceの割合を増やすことができるのか、マイクロソフトにとってこれが良い指標になるのではないでしょうか。

気になる、記になる…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。