Dellの格安4K「P2415Q」にMacBookPro Retinaを接続!選べる疑似解像度が多くて快適!

スポンサードリンク

Dellの格安4Kディスプレイ「P2415Q」を購入!

2014年12月より出荷が開始されたDellの23.8インチの4Kディスプレイ「P2415Q」を購入しましたよ!

これで、MacBook Proと2Kディスプレイのデュアルディスプレイ環境から、「P2415Q」のみのシングルディスプレイ環境にすることが出来そうです!

Dell P2415Q macbook pro

P2415Qのスペック

同ディスプレイはIPSパネルが採用されリフレッシュレートも60Hzに対応しているモデルでありながら4Kディスプレイでは破格の約50,000円と低価格で販売されているモデルです。

50,000円台の4Kディスプレイは今までにもありましたが、IPSパネルではなく視野角が狭いTNパネルが採用されていたり、リフレッシュレートが30Hzまでにしか対応していないなど、ちょっと残念な仕様となっていましたので、P2415Qはこの価格でIPSのディスプレイを手に入れることが可能です。

Dellでは同時に5Kディスプレイの出荷も開始されており何かと5Kディスプレイの方ばかりが注目されがちですが、「P2415Q」は5万円台でIPSパネルが搭載されているのでコストパフォーマンスがかなり高く、4Kディスプレイを購入を考えている方にはオススメです。

  • パネルサイズ:23.8インチ
  • 最大解像度:3,840 x 2,160(60 Hz)
  • ピクセルピッチ:0.13725 mm
  • パネル方式:IPS
  • 視野角:178 °(垂直)/178 °(水平)
  • 最大表示色:10億7,000万色

僕は15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイ(late 2013)のThunderbolt端子から「P2415Q」に接続をしており、P2415QにはDP-mDPケーブルが付いてくるので、そのままMacBookのThunderbolt端子に接続することができます。

MacBook ProのThunderbolt端子

P2415Qは最初からリフレッシュレートが60Hzに対応しているので、設定を変更することなく4K表示をすることができます。

スポンサードリンク

Macにおける解像度の変更

OS X Yosemite(El Capitan)では「システム環境設定」→「ディスプレイ」から自由に解像度を変更することができます。もちろん、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルで実現しているRetina表示が可能です。

  • 標準サイズ:1920×1080ピクセル
標準解像度 1920×1080

3,840 x 2,160ピクセルのちょうど半分の解像度となっており最もRetina表示が美しくソフトウェア側でも処理の負荷が少ない解像度と言えいます。(単純に1920×1080ピクセルを4倍表示にするだけだから)

  • 疑似解像度:1504×846ピクセル
拡大表示 1504×846

ほとんど使うことがないモードかもしれませんね。

  • 疑似解像度:2304×1296ピクセル
疑似解像度 2304×1296

2304×1296ピクセルは個人的には一番使いやすい解像度だと思っています。

  • 疑似解像度:2560×1440ピクセル
疑似解像度 2560×1440

2560×144ピクセルも作業領域を広く取りたい時に便利なモードです。

  • 疑似解像度:3008×1692ピクセル
疑似解像度 3008×1692

2560×1440ピクセル以上になると文字が小さくなるので少し使い難いかもしれません。23.8インチのP2415Qでは2304×1296ピクセルの解像度が一番使い易いと感じます。

Optionキーを押しながら「解像度:変更」をクリックすることで、その他の解像度も選択することが可能です。

Mac その他の解像度

4K解像度となる3,840×2,160ピクセルを選択することができますが、言うまでもなく文字が小さくなりすぎるので実用で使用することはほぼ不可能と言っていいと思います。

クラムシェルモードで利用

さすがにデュアルディスプレイ環境で4Kを利用すると、負荷がかなり高くなってしまい動作が鈍くなったりすることもあったので、基本的にはフタを閉じてクラムシェルモードにして利用をしています。

蓋を閉じてのクラムシェルモードが基本的な使い方なのですが、Wi-Fiの受信感度が弱くなったり熱がこもりやすくなり本体が少しだけ熱くなってしまうので、僕はセンサーのある部分に弱めの磁石を置いてフタを開いた状態でクラムシェルモードにしています。

クラムシェルモード 磁石

とはいえ、普通にフタを閉じていてももの凄く熱くなることはないので大丈夫だと思います。

使ってみた感想

使って見た感想として4Kディスプレイはやはり文字がとても綺麗に滑らかに表示されますし、外部ディスプレイなのでノート型のMacBookと比較しても画面サイズも大きいのでかなり快適です。

表示品質としてはMacBook ProのRetinaディスプレイの方が表示は綺麗に見えますが、写真などの編集をするなどこだわりがある場合を除いては十分に実用に耐える綺麗さだと思います。また、画面が非光沢仕様なので蛍光灯などの光の写り込みがほとんどなく目には優しいように感じますね。

最近はブルーライトをカットするアプリを使うことによって、より目に優しいディスプレイとして活用しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • こんにちは 質問失礼します、
    私もP2415Q購入検討ですが(自分もmacbook pro retina)
    接続するときマックの画面明るさと音声調整ボタンを押すとP2415Qに反応されますでしょうか?
    それともやっぱり画面明るさはP2415Q本体のボタンで調整しなければならなですか?
    よろしくお願いします><

    • コメントありがとうございます。P2415Qはスピーカーが内蔵されていないのでスピーカー音量ボタンを押すとMacBook Pro側の音量を調節をする形になります。また、画面の明るさはMac側で調整することができません。なのでディスプレイ本体の右側にある操作ボタンから手動調整する必要があります。この辺りがちょっと面倒くさい部分かもしれませんね。でも、IPS液晶なので視野角も広くて使い易く4Kディスプレイの割に価格も安く、コストパフォーマンスは高いと感じます。

  • ご返事ありがとうございます!
    やっぱりapple 純正のディスプレイじゃないと調整できないですね、、
    いい参考になりました、ありがとうございます

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。