MacからiPhone経由で電話をする方法!騒がしい場合は設定をオフに!

スポンサードリンク

iPhone経由でMacから電話ができる

OS X YosemiteとiOS 8の連携機能の一つにiPhone経由でMacから電話を掛けたり受けたりすることができる便利な機能が搭載されています。

この機能はFaceTimeを利用して実現をしており、同じWi-Fiネットワーク内にiPhoneとMacがあり同じApple IDでiCloudにログインしている必要があります。

iPhone経由でMacから電話

着信を受けた場合

iPhoneに電話着信があるとMacからもこのように通知されます。

電話着信 OS X Yosemite

「応答」すればMacのスピーカーとマイクを使って通話することが可能です。

OS X Yosemite 電話着信

「拒否」を選択すれば呼び出し音が停止され、右側の矢印をクリックすることで対応を選択することができ、着信の連絡を「5分・15分・1時間後に通知」することができたりiMassageでメッセージを送信することもできます。

拒否 電話着信

Macから電話をかける場合

MacのFaceTimeを起動して電話をしたい相手を検索して「iPhoneで通話」から電話番号を選択することでiPhone経由で電話をかけることができます。

電話をかける Macから

もちろん、登録されていない電話番号を直接入力することで電話をかけることもできます。

まさに、Macそのものが電話になったかのような使い勝手ですね…!

騒がしいので電話着信が鳴らないようにする

スポンサードリンク

FaceTimeの「環境設定」の「iPhoneセルラー通話」にチェックを入れることでiPhone経由の電話機能が利用することができるようになっています。

iPhoneセルラー通話

iPhoneに電話が鳴ってMacからも着信があるとなるとかなり騒がしくなります。騒がしくなるのが嫌という方は「iPhoneセルラー通話」のチェックは外しておきましょう!

さらにiOS 8デバイス同士でも電話機能を共有できる「iPhone Cellular Calls」をオフにする方法もありますので詳しくは下記の記事をご覧下さい。

関連 iOS 8のiPhone経由の電話でiPadからも着信が!設定をオフにする方法!

OS X Yosemiteの便利な使い方

OS X Yosemiteのプレビュー注釈機能がルーペや署名など利用でき超便利!
OS X YosemiteからiOS 8搭載のiPhoneに簡単にテザリング接続をする方法!
OS X Yosemiteで複数ファイルの名前をまとめて変更する方法
OS X YosemiteとiOS 8でMacとiPhone間のデータ転送をする設定方法
iPhoneとMac間でHandoffやAirDropの連携が出来ない時の解決法
OS X Yosemiteでウィンドウの最大化をする方法はツールバーをダブルクリック!
OS X Yosemiteのダークモード設定方法!未対応アプリは文字が見えなくなるので注意!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。