iPhoneとMac間でHandoffやAirDropの連携が出来ない時の解決法

スポンサードリンク

HandoffやAirDropの連携が出来ない!

iOS 8とOS X Yosemiteはメールや文章作成やSafariの続きをそれぞれの端末で引き継ぐ事できる「Handoff(ハンドオフ)」や写真や書類などのデータをiOSデバイスからMacに、またはMacからiOSデバイスに送信することができる「AirDrop」などの便利な機能が搭載されていますが、まれにその機能が上手く動作しないことがあるようです。

ハンドオフやAirDropが出来ない時の解決方

たまたまだと思いますが、僕の環境でもOS X YosemiteとiOS 8の連携が出来ませんした。iPhone 6とiPad miniとの連携は出来るけどiPhone 6とMacBook Proとの連携が出来ないなどちょっとよく分からない事態に陥っていました。

  • iPhone 6 = iPad mini …連携可能
  • iPhone 6 → MacBook Pro…連携不可能
  • iPhone 6 ← MacBook Pro…連携可能
  • iPhone 5s = iPhone 6…連携不可能
  • iPhone 5s = iPad mini…連携可能

こんな感じで連携できたり出来なかったり…まさに錯乱状態。

一番の魅力機能が使えないという事態に陥り、これを解決するのに小一時間もの時間が掛かってしまいましたが、なんとか連携をすることが出来ました。もしかしたら他の方でも連携機能が使えないという場合があるかなと思い記事にします。

HandoffやAirDropが利用できる条件を確認

メールなどの作業を引き継ぐ事ができる「Handoff」を利用するには条件があります。

まず、同じiCloudのアカウントを紐付けしてこれらの機能を実現をしているのでMacやiPhoneに設定しているiCloudのアカウントは同じものでないとなりません。

そして、同一のWi-Fiネットワーク内に接続されていることやBluetoothがオンになっていることも条件として入ってきます。さらに、iPhoneやMacの端末も比較的新しいデバイスでないと「Handoff」は利用できません。

また、Bluetooth 4.0/LEに対応したモデルが条件となっており、iPhone(5以降)、iPad(第4世代以降)、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)、そしてMacに関しては2012年Mid以降に発売されたモデルしか利用することができません。

各デバイスの設定の確認

Handoffを使えるようにするには、iOS 8のデバイス側は「一般」→「Handoffと候補のApp」から「Handoff」をオンにします。そして、Bluetoothがオンになっていることを確認してください。

Handoff iphone 設定

OS X Yosemiteでは「システム環境」→「一般」から「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックが入っていることを確認し、こちら側もBluetoothがオンになっていることを確認します。

OS X Yosemite Handoff 設定

通常なら機能をオンにしてBluetoothがオンになっていれば問題なく作業を引き継ぐ事ができるはずなのですが、僕の環境では出来ませんでした。

そして、AirDropに関しても何故か相手側のアイコンが表示されず送受信が出来ませんでした。理由はよく分かりませんが以下の処置をすることでハンドオフの連携が各デバイスにて実行する事が可能となりました。

連携が出来ない場合の処置

その方法が、iOSデバイスのiCloudアカウントを一度サインアウトしてデータを一度削除する…というものです。

基本的にはiCloudに保存されているデータなので削除しても復元できるので問題ないはずです。(細かいところまで確認はしていないので自己責任でお願いします…)

iCloud サインアウト

そして、再度同じiCloudアカウントを使ってログインし設定をし直します。僕の場合は、iOSデバイス全てのiCloudアカウントを設定し直して、Macは特になにも弄っていません。

たったこれだけの作業で、不思議なことにiOSデバイスとMacとの連携機能の「Handoff」と「AirDrop」を無事に使う事に成功しました。もし、同じ症状で悩んでいたらちょっと試してみてください。

スポンサードリンク

Handoffが超便利!

iPhoneからMacにメール作業を引き継ぐ場合は、Mac側のDockの一番左に「iPhoneから」というメッセージ付きでアイコンが出現するので、このアイコンをタップすることで作業を引き継ぐことが可能となります。

Mac iPhone 連携 Handoff

MacからiPhoneのメールを引き継ぐ場合は、iPhoneのマルチタスク画面を起動すると一番左に「MacBook Proから」というメッセージ付きでアイコンが出現するのでクリックすることで作業を引き継ぐことができます。

MacからiPhoneに作業引き継ぎ

この機能はいくものデバイスを利用している場合にもの凄く便利な機能追加ですね。わざわざ下書き保存をして引き継ぐ必要もないので、間違いなく作業効率は上がる機能だと感じます。是非とも活用しましょうね!

iOSの便利な使い方

iOSの便利な使い方です。

OS X(macOS)の便利な使い方

OS X(macOS)の便利な使い方です。

なお、2016年秋に「iOS10」と「macOS Sierra 10.12」がリリースされます!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • >また、Bluetooth 4.0/LEに対応したモデルが条件となっており、iPhone(5以降)、iPad(第4世代以降)、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)、そしてMacに関しては2011年Mid以降に発売されたモデルしか利用することができません。

    とありますが、私のMBA2011midはハンドオフ非対応でした。
    別記事で「対応機種は2012mid以降」というのが見つかりましたが、もしかして2011midにはBluetoothのバージョン違いが存在してますか。

    • 申し訳ないです!2012年Midの間違いです!MacBookシリーズがBluetooth 4.0に対応したのは2012年モデルからです。訂正させて頂きます。

  • 私もmacbook air mid2011を使っていますがairdropできません wifiを使用してのairdropも出来ない仕様ですか?

    • iOS 8とOS X YosemiteのAirDropのデータ転送はBluetooth 4.0を利用しているらしいのでWi-Fiだけでは動作しないっぽいですよ。iPhoneの注意書きには「Wi-FiやBluetoothをオンにして」とどちらかがオンになっていれば使えるみたいな表記がされていますが、多分無理なんだと思います。Wi-Fiだけで使えるようになると幅が広がって便利なんですけどね。

  • 同じくHandoffができず、加えてiMessageも上手くできなかったのですが(他AirDrop等は可能)、この記事のお陰で成功しました。ありがとうございました!

    • iMessageが使えないパターンもあるんですね。iCloudが絡んでいる部分は何らかの不具合があるのかもしれませんね…!とりあえず、Handoffが使えるようになって良かったです!

  • iOSとmac間でAirdropが使用できなくて困っていたのですが、この記事を参考にiCloudのサインアウト→サインインを行った所無事に相手コンピューターを表示できるようになりました。ありがとうございます。

  • どうしてもできなくて困っていましたが、iCloudサインアウト→サインインで無事解決しました。ありがとうございました。

  • Airdropがうまく行かなくて、検索してこちらにたどり着きました。
    iCloudをいったんサインアウトすることでうまく出来ました。
    ありがとうございました。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。