12.9インチiPad Proと12インチMacBook Retinaは2015年に発売か

スポンサードリンク

「MacBook Retine」と「iPad Pro」の発売について

噂はされているものの本当に発売されるかどうか分からないAppleの製品として、12インチのRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」と12.9インチのディスプレイを搭載した「iPad Pro」の二つの未知なる製品があります。

The Wall Street Journalが12インチのMacBook Airの量産は2014年12月頃から開始され、iPad Proの量産は2015年に延期されると伝えています。

12 9 ipad macbook air 800x450

iPad ProはiPhone 6 Plusのせいで生産が遅れている?

そもそもiPad Proが今年発売される予定だったのかどうかは分からない話なのですが、9月に発売が開始されたiPhone 6 Plusの高い需要から生産が追いついていない状況となっており、特にディスプレイの生産が間に合ってないようです。

この状況下でiPad Proを生産するためのラインと人員を確保することが非常に厳しいことが発売が遅れる要因とみているようです。

iPad Proは様々は憶測が飛び交っており、当初は法人向けの大型iPadになると言われていましたが今ではその言葉事態が消えてしまったようにも感じます。

ディスプレイ解像度は現行モデルと同じ2048×1536ピクセルが採用されるという見方もありますが、先日開発者に提供されたiOS 8のベータ版の中にiPad向けの3倍解像度(@3x)の素材が発見されたことからもっと高い解像度のディスプレイが採用される可能性もありそうです。

関連 次期iPad Airは高解像度化したRetina HDを搭載?3倍解像度の画像が発見される!

またCPUプロセッサにはA8チップのGPU強化版となるA8Xが搭載されるのではないかという情報もあります。解像度が上がれば強化版となるA8Xが採用される可能性は高いようにも感じますね。

関連 12.9インチのiPad ProはGPU強化版のA8Xを搭載して2015年に発売される?

12インチMacBook Retinaは12月に量産開始か

12インチのMacBook Airについては10月16日に開催されるスペシャルイベントで正式に発表され12月に量産が開始されるという見方が強いようです。かなり間が空いてしまうようにも感じますが、Apple Watchは9月にiPhone 6と同時発表されましたが実際に発売するのは2015年以降とまだまだ先の話となっています。

以前に少量生産がすでに開始されており生産歩留まりの向上を目指していると伝えられていたこともあり準備は進んでいるのかもしれません。

12インチのRetinaディスプレイを搭載したMacBook Airの登場で現行モデルのラインナップは一度整理をして整える必要性が出てくるでしょう。

いずれにしても近い将来に非RetinaモデルのMacBook Airは全て消えて12インチのMacBook Airに統合されて13インチ以上はMacBook Proが役目を担っていくというスッキリとしたラインナップになるかもしれません。

関連 12インチのMacBook Air Retinaを投入してラインナップを整理か

9to5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。