MacBook Pro(mid 2014)の内部構造とSSDの速度が明らかに!

スポンサードリンク

MacBook Pro(mid 2014)の内部構造

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Mid 2014)の開封とSSDのスピードに関するレポートがOWCにより公開されていますが、CPUプロセッサとRAMを強化したマイナーアップデートだったので、内容内部構造は2013年モデルと変わっていないようですね!

下記画像は13インチ版の内部構造となっています。

・内部構造

MacBook Pro retina mid 2014 内部構造

・RAM(エルピーダ製)

MacBook Pro retina mid 2014 RAM

・フラッシュストレージ(SSD)

MacBook Pro retina mid 2014 SSD

パッと見は2013年モデルと同じ構造になっているようですね。

フラッシュストレージの速度

フラッシュストレージに関しては128GBがSanDisk製、256GBがSamsung製となっているようで、各モデルのスピードチェックも行われています。

関連記事 >> 15インチのMacBook Pro(mid2014)の ベンチマーク公開!順当なスペックアップに!

・128GBのSanDisk製SSD

Mbpr 13 2014 ssd

・256GBのSamsung製SSD

Mbpr 15 2014 ssd

結果としてはシーケンシャルReads/Writesについては同等の性能となっていますが、ランダムReads/WritesについてはSamsung製のフラッシュストレージの方が性能が高くなっていることがわかります。

SSDの容量が少ないとデータが増えたときの速度低下が著しくなることもあるのでお財布に余裕があるのであれば256GB以上の標準タイプを選択した方が良いと思います。

Apple Insider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。