OS X Yosemiteは10月末正式リリースで4K対応のiMacの発表の可能性も?

スポンサードリンク

OS X Yosemiteは10月後半にリリースか!

Appleの次期OSとなるOS X YosemiteのGM版のリリースは10月10日前後になり、正式リリースは10月末頃になると伝えられています。最終的なプレビュー版は9月29日にリリースされるとみられており、それまで2〜3週間の間でベータ版がリリースされるそうです。

Macs

OS X YosemiteのGM版は10月に開催されると噂されるウェアラブルデバイスについての発表イベントと同時にiWatchと同時に発表されるとみられています。

さらに、以前から噂されているRetinaディスプレイ搭載の12インチのMacBook Airや4K対応のiMacも発表される可能性があるそうで、12インチのMacBook Airについてはデザインを完全に現行モデルとは違い薄型デザインになるため名称も変更される可能性が高いようです。

ただし、これらの4K対応製品が価格の問題から市場に受け入れられるかどうかが問題となっているようですね。

関連記事 >> 12インチのMacBook Air Retinaを投入してラインナップを整理か

高解像度のディスプレイを意識したOS X Yosemite

OS X Yosemiteのセールスポイントとしては、高解像度のディスプレイでの利用を想定しRetinaディスプレイの搭載したMacをプッシュすることなんだそうです。

たしかに、OS X Yosemiteの基本フォントはLucida GrandeからすっきりとしたHelvetica Neueに変更れておりより高解像度のディスプレイを意識したデザインになっており通常の2Kディスプレイだと文字が見えにくい可能性もありそうです。

関連記事 >> OS X YosemiteのUIデザインは高精細ディスプレイを意識してデザインか?

140610nyomi4

このことから、MacBook AirやiMacの高解像度ディスプレイの搭載は自然な流れであることは間違いありませんが、特にiMacの場合は画面が大きいということもあり価格の問題をどう解決するかが気になるところです。

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。