OS X 10.10 YosemiteとOS X 10.9 MavericksのデザインUIの比較画像が公開!

スポンサードリンク

OS X YosemiteとOS X MavericksのUI比較!

OS X 10.10 YosemiteではユーザーインターフェイスがiOS 7よりのフラットデザインに大幅刷新されましたが、OS X 10.9 Mavericksのデザインとの比較画像がPixelapseにより公開されています。

OS X 10.10 Yosemite

Dockとアプリアイコン

上がOS X 10.9、下がOS X 10.10です。

OS X 10.10 Yosemite Dock

アプリアイコンについては、OS X 10.9ではドロップシャドウが多用された立体的なデザインでしたがOS X 10.10では立体感が取り除かれドロップシャドウも必要最低限のものとなりスッキリとしたデザインとなっています。

Dockは立体的なテーブルからOS X 10.4以前のような2Dのテーブルへと変更、インジケーターの印も白色から黒丸に変更されています。

メニューバーとシステムフォント

Orig 3830588

メニューバーはAppleのロゴが小さくなり充電マークがiOS 7のように緑色のマークに変更されています。またシステムフォントが「Lucida Grande」から「Helvetica Neue」に変更されたことからメニューバーの文字も変わっています。

OS X 10.10 システムフォント

Finder

Finderは項目の間隔が2pxずつ拡大され選択中のアイテムがブルーからグレーに変更されています。アイコンについても新しいデザインが採用されています。また、最小化などのボタンも立体感がなくなりフラットなものに変更されています。

OS X 10.10 Finder

フォルダのデザインも変更されより明るいブルー色が採用されています。

OS X 10.10 フォルダデザイン

フルスクリーンモードのボタンは緑のウインドウ最大化ボタンに統合されたようです。

OS X 10.10 フルスクリーンモード

UIエレメント

Orig 3830587

チェックボタン、ラジオボタン、スライダーなどのデザインもフラットなものに変更されておりより明るい色合いのものになっています。

個人的には概ね好きなデザインになったなと感じますが、Finderのフォルダーの色が明るすぎてどうも違和感を感じてしまいます。

しかし、iOS 7の時のようにフラット要素を取り入れつつ透過処理などを上手く使うことで立体感を出すという手法がさすがAppleらしいなと思いますが一般リリースまでにさらにブラッシュアップされることを願いたいです。

[気になる、記になる…]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。