MacBook Pro Retina(2012)も4Kディスプレイのスケーリング解像度モードを利用可能!

スポンサードリンク

2012モデルも4KのHiDPIモード利用可能!

これは朗報です!

MacBook Pro 15インチRetinaディスプレイの2012年モデルでも外部4Kディスプレイでのスケーリング解像度(HiDPIモード)を利用することができるそうです!

Screen Resolutions

先日、OS X 10.9.3がAppleよりリリースされ、Mac Pro(Late 2013)と MacBook Pro 15 インチ Retina ディスプレイ(Late 2013)にて外部4Kディスプレイでスケーリング解像度機能を利用することでRetina表示をさせることが可能となりました。

MacBook Proは2012年モデルからRetinaディスプレイを搭載されています。

たった1年前のモデルが外部4Kディスプレイでのスケーリング解像度機能に対応していないのは少し納得がいかなかったのですが、正式な発表ではないにしろ、2012年モデルのMacBook Pro with retinaにおいてもスケーリング解像度機能を利用することができると伝えられています。

ただし、DisplayPort 1.2に対応していない事から30Hzの4K出力をすることができないそうです。

とはいえ、動画編集をするのではないのであれば30Hz表示であろうが4K外部ディスプレイを利用できることは大きなメリットです。先に4Kディスプレイを購入すて後から予算が用意できたときに新しいMacを購入すればいいのですから。

ちょっと本格的に4Kディスプレイを検討したくなってきました…。

DellのP2815Qなら7万円あれば買えてお買い得なんですが30Hzの4K表示しか対応していないので2012年モデルのMacBookにはちょうど良い選択肢になるかもしれません。

でも将来的に新しいMacを購入するのであればやはりUP2414Qなどを選ぶべきなのかもしれません。

[気になる、記になる…]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。