watch OS3が正式発表!アプリの起動が7倍速くアプリの切り替えも簡単に!

スポンサードリンク

watch OS3が正式発表!

Appleが「watch OS3」をWWDC 2016で正式に発表しました。

watch OS 3

アプリの起動が7倍高速に

様々な新機能が搭載されましたが、大きな特徴としてはアプリの起動が劇的に速くなるようです。今まではアプリを起動してから読み込みを開始して表示がされていましたが、watch OS3ではバックグラウンドでの更新が可能になったこと瞬時にアプリの起動することができる機能が搭載されます。

アプリの起動速度はwatch OS2と比較し7倍も速度が向上しているとのこと。

タスク機能を搭載

また、サイド部分に設置されている横長のボタンを押すことでタスク機能を起動することができ簡単にアプリの切り替えができるようになりユーザーがカスタマイズすることができます。さらに、iOSのようなコントロールセンターが搭載されて、バッテリー残量やアラームといった情報を確認することが可能に。

watch OS 3 マルチタスク

手描き文字入力に対応

メッセージの返信機能が改善され、手描き文字入力「Scribble」に対応します。手描き文字を認識し自動的に文字を変換し返信することができます。対応言語は英語と中国語ということで日本語には対応しない模様です。

緊急通報機能が搭載

サイドボタンを押すことで緊急通報機能に対応。もしもの時に警察や救急車の緊急番号に瞬時に掛けることができるようになります。

watch OS 3の開発者向けプレビュー版は本日より提供が開始され、一般ユーザーには今秋にリリース予定となっています。細かい機能の追加や改善がされていますが、Apple Watchの操作に大きく影響を与えることになるアプリの起動が7倍も高速化される点が大きな進化といえるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。