Apple Watchの時間誤差は0.05秒!時計の精度を高めている技術とは?

スポンサードリンク

Apple Watchの時計精度は高い

Apple Watchは名の通り時計です。先進的な機能が搭載されていることから時計機能は疎かになっているのではないか…と思ってしまいがちですが、Apple Watchの時計精度は標準のグローバル時間の50ms(0.05秒)しかズレが生じることがないとAppleの技術担当のKevin Lynch氏が語っています。

applewatch-watch.jpg

NTPサーバーによって正確な時間を取得

Apple Watchは二つの技術によって時計精度を維持しており、ペアリングしているiPhoneが世界の15のネットワークタイムプロトコル(NTP)サーバーにアクセスして正確な時間を取得していること、ワシントンDCにある米海軍天文台から原子時計から取得している時間をGPSを利用して時間の誤差を修正しているとのこと。

iPhoneとApple Watchが取得しているNTPサーバーは「Stratum 1」と呼ばれるもので原子時計
「Stratum 0」の次に精度が高いものを採用していることで、非常に精度の高い時間表示をキープしているそうです。

スポンサードリンク

寒い気候でも正確な時間

Apple Watchは寒い気候の場所でも正確な時間を保つためにtemperature-controlled crystal oscillator(温度制御型水晶発振器)と呼ばれるものが内蔵されており、iPhoneよりも正確な時間を得ることができるそうです。

時計としての完成度は高い

「Apple Watchで何ができるのか?」とついつい考えてしまいがちになってしまいますが、原点である時計として利用する用途がありデザインに不満がなければApple Watchを利用すればいいのかもしれません。

個人的にはMacの前で作業をしていることが多いので、時間はMacやiPhoneで確認するのでApple Watchの優位性とどうやっても見いだすことができずに困っているのですが。

Apple Watch – Appleオンラインストア

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。