Apple Watchの隠しポートを利用したスマートバンドをAppleが開発中か

スポンサードリンク

Apple Watchの隠しポートを利用したスマートバンド

Apple Watchのバンドを装着する部分に隠されたポートの存在が明らかになっていますが、Appleはこのバンドを利用して様々な機能を追加することが可能となる「スマートバンド」を開発中であるとLetem Svetem Applemが伝えています。

Apple Watch ポート

スマートバンドは血中酸素、呼吸、血圧、体温が測定可能となる機能が搭載され、2016年の早い段階で発売を計画しているそうで、他にも様々な機能を追加できるスマートバンドを開発しているとのこと。

体温を測るということは現在のApple Watchでは本体が熱くなってしまうことから正確な温度を測ることができないため、本体の反対側の体温を測ることができるスマートバンドが有効な手段となるようです。

現時点では噂だが期待

隠れたポートが発見された時点でサードパーティーが充電が可能になるバンドなども開発に乗り出したりしていましたが、本家のAppleがこのようなスマートバンドを開発しているという情報が今回が初めてです。

ただし、情報元は信頼があるかどうかは分かりませんし、単なる噂である可能性もあるかもしれません。

とはいえ、使用用途によって機能を追加できるスマートバンドはちょっと面白い発想といえるかもしれません。Appleは秋に「watchOS 2」をリリースし、Apple Watch単独で利用可能になる機能が大幅に増えることになります。

http://itstrike.biz/apple/iwatch/26760/

Appleinsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。