Apple Watchで初めてのアップデート「Watch OS 1.0.1」を更新する方法

スポンサードリンク
Apple Watch ソフトウェアアップデート

Watch OS 1.0.1がリリース!

AppleがApple Watchのソフトウェアアップデートとなる「Watch OS 1.0.1」をリリースしました!今回のアップデートがWatch OSで初めてのものとなるので、アップデート方法についても紹介したいと思います。

Watch OS 1.0.1にアップデートすることでパフォーマンスの向上やバグの修正、新しい絵文字のサポート、言語の追加(ポルトガル語、デンマーク語、オランダ語、スウェーデン後、ロシア語、タイ語、トルコ語)などがされます。

パフォーマンスの向上とバグの修正

  • Siri
  • スタンドアクティビティの測定
  • 室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
  • 屋外ウォーキングまたはランニング ワークアウトの距離とペース
  • アクセシビリティ
  • 他社製App

言語の追加などはありますが基本的にはバグフィックス・バージョンといったところでしょうか。

Apple Watchのアップデート方法

Apple WatchをアップデートするにはペアリングしているiPhoneの「Apple Watchアプリ」から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でiPhone経由でアップデートを進めることになります。

Watch OS 1.0.1 アップデート

新バージョンのインストールするには、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続されている状態でバッテリー残量が50%以上あることが条件となっています。

時間は結構かかる

スポンサードリンク

iPhoneにデータをダウンロードして準備するまでも意外と時間が掛かります。

Apple Watch アップデート 通知

「チーン」という通知音と共にインストールが開始されました。なお、パスコード設定をしている場合はパスワードの入力が必要となります。

Apple Watchが再起動します。ここからも時間が掛かります。本当に長いです…。以下の画像のメーターが一杯になって終わったと思ったらもう1周あります。

Apple Watch 再起動

なので、時間が無いときのアップデートはやめた方が良さそうです。

アップデート完了です。ここでも「チーン」となります…。

アップデート完了 Watch OS 1.0.1

時間にして約40分ほどかかってアップデートすることができました。やはり、iPhone経由になると何かと速度は遅くなりますね。あと、充電をしながらのアップデートですがバッテリーが7%も減って93%になっていました。

Apple Watchにとってアップデートはかなりの負荷が掛かっているのでしょうね。

Watch OS 1.0.1にアップデートしてみて、少しだけ動作が軽くなったような気もします。気のせいかもしれませんが..。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。