次期Apple Watch2で追加される機能や新型AppleTV4の情報が明らかに?

スポンサードリンク

次期Apple Watchで強化される機能

2015年4月に発売が開始されたApple Watchですが、早次期Apple Watchのソフトウェアとハードウェアに関する新しい情報が伝えられており、セキュリティの強化、Appleデバイスとの接続性、強化されたフィットネス機能、Wi-Fi機能の搭載とサードパーティ製のアプリとの統合の強化が進められるとのことです。

Apple Watch

「Apple Watchを探す」と「Smart Leashing」の搭載

現行のApple WatchはiPhoneのように「iPhoneを探す」でどこにデバイスを置いてきたかなど紛失した際に調べる術がありません。

そこでAppleはApple Watchに対しても同じような機能となる「Find my Watch(Apple Watchを探す)」を開発中で、リモート操作でロックをかけたりデータの消去ができるようになるとのことです。また、iPhoneを置き忘れた時にApple Watchに通知をしてくれる「Smart Leashing」という機能も開発をしているそうです。

iPhoneには「iPhoneを探す」機能以外にもApple WatchからiPhoneに呼び出し音を鳴らすことで場所を確認する機能は搭載されています。しかし、Apple Watchを無くしてしまった時に探す手段が現段階ではないというのは少し問題かもしれませんね。

なお、これらの新機能を実現するには新たにワイヤレスチップを搭載する必要があるのでハードウェアを刷新した次期Apple Watchから実現可能になる機能となりそうです。

不整脈検知と血圧・血糖値の測定

ヘルスケアとフィットネス機能として心拍センサーから不整脈を検知したらユーザーに通知をする機能なども検討をしているそうですが、規制によって実現できるかどうかは分からないそうです。

また、血圧の測定や睡眠時のトラッキングなどの機能、さらにはグルコース/血砂糖センサーの追加も計画をしているとのこと、さらに色んな計測がApple Watchで出来るようになるかもしれません。

文字盤機能のウェジェット

Apple Watchの時計表示部には天気予報やカレンダーのイベントなどを表示させることができる小型版ウェジェット機能と呼べるものが搭載されています。このウェジェットが「Complications」としてサードパーティに解放することを計画しているようです。

具体的にはTwitterのウェジェット機能となる「Twitter Complications」をテストしており、Twitterの未読数などを文字盤のウェジェットに表示させることも可能になります。

スポンサードリンク

次期Apple TV(第4世代)

次期「Apple TV(第4世代)」の情報も伝えており、製品のコードネームは「J34」、Apple TV OSのコードネームは「MonarchTide」と呼ばれているようです。

Apple TV 4 コンセプト

新型となるApple TV(第4世代)は音声アシスタントSiriの利用が可能となりサードパーティ製アプリがサポートされ、Apple TVのアプリを開発するために「TVKit」という開発キットがXcodeの新しいバージョンに含まれているそうです。

6月のWWDC 2015で発表か

Apple TVに関しては2015年6月に開催されるWWDC 2015で発表される見込みとなっており、その他にも新しい音楽ストリーミング配信サービス、iOS9、OS X 10.11などの新しいバージョンのOSも一緒に発表されることが期待されています

追記:Apple TV(第4世代)は2015年10月に発売が開始されました。A8プロセッサに2GBのRAMが搭載されて、Apple TV専用のアプリをApp Storeよりダウンロードしてインストールすることが可能となり、よりiPhoneやiPadとの親和性が高いデザインへと進化を果たしています。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。