Apple Watchは手首にタトゥをしていると正常に動作しない?

スポンサードリンク

Apple Watchは手首にタトゥーがあると正常に認識されない

Apple Watchには心拍センサーが裏フタに搭載されていますが、手首にタトゥーをしているユーザーから心拍数を計測できないという報告がありましたが、Appleがサポートページを更新し手首にタトゥーをしている場合は心拍センサーのパフォーマンスを発揮することができないことの記述を追加しました。

Apple watch tattoo

心拍センサーは赤外線LEDと可視光LEDを組み合わすことで光学的に心拍数の測定をしています。そのため、手首にタトゥなどのインクやパターンなどが存在することで心拍センサーの光をブロックしてしまうため正確に心拍数を測定することができなくなってしまいます。

特に黒や赤といったベタで入れられているインクが影響を与えることが大きいようです。

Apple Watchは手首にタトゥーがあると正常に認識されない

また、これらのセンサーは手首の検出センサーの役目も兼ねていることからタトゥーをしていることで手首にApple Watchを装着しても検出せずに画面がロックしてしまう(パスコード設定をしているとき)ことも一部で報告があるようです。

もしタトゥをしていて画面がロックしてしまう場合は場合はApple Watchアプリの「一般」→「手首検出」をオフにすることで自動的にロックが掛かるのを防ぐことができます。

9To5MacCult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。