Apple Watchが充電出来ない、iPhoneの電池持ちが悪くなった時の解決方法

スポンサードリンク
Applewatchbattery

Apple Watchの充電について

Apple Watchの電池も持ちは意外といいがペアリングしているiPhoneの電池が著しく減っている方は多いと思いますが、他にも充電器を装着しても充電が開始されないという不具合も発生しているそうで、これらの問題はAppleのディスカッションフォーラムなどでも話題になっているようで、すでにAppleもその事実を認識しており、解決策について発表をしています。

Apple Watchが充電出来ないときの解決方

まず、Apple Watchにマグネット式充電ケーブルを接続した状態にしても充電が開始されないという問題については以下の2点を実効することで改善する場合があります。

1.サイドボタンを長押しして「電源オフ」を横にスワイプする電源を切ります。そして、Appleのロゴマークが表示されるまでデジタルクラウンとサイドボタンを長押し強制リセットをかけます。この手順だけで問題が解決する可能性もあるそうです。

2.問題が解決しない場合はペアリングしているiPhoneを再起動し、Apple Watchアプリから「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し設定をリセットします。再び、Apple Watchとのペアリングを実効することで問題が解決する可能性があります。

また、Apple Watchのマグネット式充電ケーブルにも保護シートが付いているので、保護シートを取り外しをしないまま使う事で充電が出来ないということも考えられるようです。

iPhoneのバッテリーの減りが早い時の解決方

スポンサードリンク

ペアリングしたiPhoneの電池の減りが早い時の解決方として以下の事を実施することで解決することがあるようです。

1.iPhoneとApple Watchの再起動
2.ペアリングを再設定
3.正常なマグネット式充電ケーブルとUSB電源アダプタを使って5分間充電する

正常な充電器が必要ということはApple Storeの直営店に行ってお借りすることができるというこおtでしょうかね?いずれにしても、地方にいるユーザーにとっては酷な対処法です。

とりあえず、iPhoneの電池の持ちが悪いと感じている方は再起動やペアリング設定のやり直しなどをやってみる価値はあるのかもしれません。

関連 Apple Watchの電池持ちを検証したらiPhoneの方が先にバッテリー切れに!

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。