Apple Watchのサファイアガラスは反射率が高いためSPORTの方が画面が見やすいらしい!

スポンサードリンク

Apple Watch Sportのディスプレイの方が見やすい?

全てにおいてApple Watch SportよりもApple Watchの方が優れているというわけではないようです。DisplayMateによると、サファイアガラスを採用しているApple Watchよりも強化されたIon-Xガラスを採用しているApple Watch Sportの方が反射率が低く表示が見やすいかもしれないという見解を出しているようです。

これはApple WatchのサファイアガラスとApple Watch Sportと同じIon-Xガラスを採用しているiPhone6で比較をしたそうで、その結果反射率はIon-Xガラスの方が良いという結果が出たそうです。

Apple WatchとiPhone

あくまでiPhone6のIon-Xガラスで比較をしているのでApple Watch Sportと同じということはないとは思いますが、可能性としては画面の見やすさについてはSportモデルに軍配が上がることになるのかもしれません。

サファイアガラスが光の反射率が高い

サファイアガラスはIon-Xガラスよりも傷に強く割れにくい素材となっており、過去の実験でもドリルなので傷を付けようとしても傷が付かないほど耐傷性に優れています。しかし、サファイアガラスは反射がし易い素材となっている画面の視認性は通常の保護ガラスと比較して見難いようです。

以下、各素材の反射率です。

  • サファイアガラス:8.2%
  • Ion-Xガラス:4.6%

サファイアガラスはIon-Xガラスの178%も反射がされやすいという結果となっています。あくまでiPhone6のIon-Xガラスとの比較となっているのでApple Watch SportのIon-Xガラスの反射率が若干違う可能性もあるかもしれませんが、Apple Watchよりも画面の視認性は高いのかもしれません。

Apple Watchのステンレススチールモデルはステンレスに傷が付きやすいという報告もあるので、Sportモデルの保護ガラスが割れやすいという点を気を付ければ意外とコストパフォーマンスは高いデバイスといえるかもしれませんね。

色の再現度

DisplayMateではOLEDの単体の評価もしており42mmサイズのApple Watchのディスプレイサイズは1.53インチの390 x 312 ピクセルの322ppiの解像度であるとしています。

また、色の再現度を表すカラーガンマ値「sRGB / Rec.709」は104%をカバーしておりiPhone6のLCDディスプレイの101%を上回っています。ただし、明るさについては若干暗いという結果になっているようです。

Apple Watch – Appleオンラインストア

DisplayMateCult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。