Apple WatchのS1チップにはA5チップのGPU「PowerVR SGX543」を搭載か

スポンサードリンク

S1チップのグラフィックチップはPowerVR SGX543か

Apple Watchの心臓部ともいえる「S1チップ」は、2011年に発売したiPhone4sやiPad2、iPod Touch5に搭載されているA5プロセッサと同等の性能を持っているといわれていますが、開発者のTroughton-Smith said氏によるとApple WatchのファームウェアにPowerVR SGX543のドライバが含まれていると指摘しています。

S1チップ

PowerVR SGX543はiPhone4sやiPad2に採用されているグラフィックチップです。PowerVRシリーズのGPUはiPhoneやiPadで採用されておりiPhone6/6 Plusにも最新バージョンのものが搭載されておりiOSデバイスにおいてはお馴染みのグラフィックチップです。

Apple Watch向けにカスタムか

Apple Watchはウェアブルデバイスであり、超小型のS1チップの中にA5プロセッサに搭載されたものをそのまま実装できないので、S1チップ向けにカスタムされ実装されているようです。

Apple Watch OSはiOSの派生OSで正式なiOSバージョンではありませんが、iPhoneとのスムーズな対話が求められるデバイスで同じコードをベースに構築されているのでiPhoneに採用されたGPUがベースになっていることは理にかなっているとしています。

以前からS1チップはA5プロセッサと同等の性能を持っているといわれていましたが、GPUに関してはPowerVRのGPUを小型化を進めて採用したということなんですね。4年間でここまで小型化をすることができるのですから技術力の進化は凄いですね。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。