年内にもApple Watchの素材としてプラチナやチタンを採用したモデルが登場か?

スポンサードリンク

プラチナやチタンのApple Watchが登場する?

まだApple Watchの発売が開始されてもいませんが2015年末までに新しい素材を使用したモデルが1〜3種類登場するかもsいれないとKGI証券のMing-Chi Kuo氏が予測していることが明らかになりました。

Applewatch11

具体的にどのような素材を採用したApple Watchが登場するかは不明としつつも、高級モデルに関してはプラチナやチタンなどの素材、ローエンドモデルにおいてはプラスチックが採用された低価格のモデルも登場するかもしれないとしています。

Appleは4月24日にエントリーモデルとなるApple Watch Sportを42,800円〜、Apple Watchを66,800円〜、Apple Watch Editionを128万円〜販売を日本を含むオーストラリア、カナダ、中国、フランド、ドイツ、香港、英国、米国の9ヶ国で開始します。

2015年で2000万台の販売を予測

Ming-Chi Kuo氏によると2015年上半期に約500万台、2015年通して2,000万台の販売予測をしており、他メーカーがスマートウォッチという分野で苦戦をしているなか、一気にシェアを拡大する可能性を秘めているといえそうです。

確かに、Apple Watchが正式発表された朝のニュースなんかでも取りあげられるなど注目が高いことは確かです。4月24日以降は街中でApple Watchを使っている人を目撃することが多くなるのか、非常に楽しみですね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。