Apple Watch Editionの18金は特殊合金で製造されたApple Goldで特許も取得!

スポンサードリンク

Apple Watch

いよいよApple Watchの詳細な発売日や価格が発表されるスペシャルイベント「Spring Forward」の開催が差し迫ってきましたが、18KモデルのApple Watch Editionがいくらから販売されるのかも非常に気になっています。

そんな中で、Apple Watch Editionで使用されている金は普通のものではなくApple独自に合金されたものであることが明らかとなりAppleはその金を合金するための特許も取得していたことがFinantial TimesによるJony Ive氏のインタビューによって明らかとなりました。

Apple Watch 18K

Appleが取得した金の合金の特許により通常の18金よりも金の含有量を減らすことができ、さらに標準的な金よりも硬くて丈夫に作ることができるんだそうです。確かに金は軟らかい物質という印象がありますが銀や銅の他に低密度セラミックス粒子を混ぜるという特殊な製造法により普通の金よりも二倍も硬く傷にも強い素材に仕上がっているようです。

含有量が少ないけど18K?

スポンサードリンク

この製法により金の含有量を半分にすることが出来るようで18Kではなく9Kということになるのか?という疑問があるのですが、18Kというのは75%の金と25%とその他の合金の割合をしてしているので金属ではないセラミックはここに該当しないということなのかもしれません。

※↓読者さんが金の含有量についてコメント欄で説明をしてくれました。

このあたりのカラクリがどうなっているのかはよく分かりませんが、18Kで間違いないけど体積の割に18Kの割合が少ないということは思っている以上にApple Watch Editionの価格は安くなる可能性もあるのかもしれません。

Cult of Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 18Kは、質量の75%が金ということです。
    過去に予想されたApple watch の金の含有量は、CADデータから体積を求め、一般的な18Kの質量を当てはめたのだと思います。ですから、体積一定であれば、残りの25質量%に軽いものを使うほど、金の体積%は減っていきます。

    • コメントありがとうございます!なるほど。分かったような分からないような..。金の含有量ってなんだか難しい世界ですね。下手に記事にしない方がいいかもしれませんね(反省)

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。