Apple Watchのバッテリー内蔵バンド「Reserve Strap」が登場!装着しながら充電できるぞ!

スポンサードリンク

Apple Watchを装着しながら充電できるバンドが登場

Apple Watchの電池は1日使うと切れてしまうので毎晩の充電が必要になりますが、出張や旅行などで毎日充電することが出来ない状況がどうしても出てくると思います。

そんな不安を吹き飛ばしてくれるApple Watchを充電しながら利用することができるアクセサリーとなるバッテリー内蔵バンド「Reserve Strap」が開発されていることが明らかになりました。

このようにApple WatchのバンドをReserve Strapに取り替えるだけで利用ができる代物のようです。

Apple watch reserve strap 02

Apple Watchはハードな使い方で5時間程度、通常の使い方で1日のバッテリー駆動時間といわれています。

関連 Apple Watchの電池持ちや動作速度、新機能に関する情報が公開

125%の電池の持ちが改善!

スポンサードリンク

Reserve Strapはまだプロトタイプのようですが、もし発売されることになればバッテリー駆動時間に悩んでいるApple Watchユーザーは喉から手が出るくらい欲しくなるバンドであることは間違いないでしょう。

Apple Watchへの充電方法はMagSafeテクノロジーと電磁誘導充電を組み合わせた純正の充電方法と同じです。Reserve Strapを利用することで125%の電池の持ちが改善されることになるそうで、2日目も少しなら使える可能性が出てくるかもしれません。

すでに予約を受け付けているそうで249.99ドル(約30,000円)と少し価格が高いですが、少しでも電池の持ちを長くしたいという方にとってはうれしいアクセサリーです。

今後はこのようなスタイルの充電器が多数登場することになるかもしれません。

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。