Apple Watchの画面解像度が272×340と312×390ピクセルであることが判明!

スポンサードリンク

Apple Watchの解像度が判明!

本日、開発者向けに「Apple Watch」の開発キットとなる「WatchKit」の提供が開始されましたが、ヒューマンインターフェイスガイドラインの中にApple Watchの画面解像度に関する記述がされていることが判明しました。

Apple Watchの解像度は本体サイズによって異なっているようでケースサイズが小さい38mmのモデルが272×340ピクセル、ケースサイズが大きい42mmのモデルが312×390ピクセルであることが判明しました。

Applewatch

2種類のアイコンが必要に

素材としてはiPhoneやiPadのRetinaディスプレイと同じようにRetinaディスプレイ用の画像「@2x」を準備する必要があり、ホームスクリーンや通知センターなどのアイコンは38mm用と42mm用の2種類のアイコンを製作する必要があるようです。

Iconsizestable

正確な画素密度(ppi)は不明ですが、本体サイズから計算するとiPhone 6の326ppiよりも低くなっているようですね。Apple Watchはあくまで時計ですし長時間見ることもないでしょうから画素密度よりもバランスを重視した設計となっているのかもしれません。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。