Apple Musicに加入したらiTunes Matchの扱いはどうなる?

スポンサードリンク
Apple Music サイト

「Apple Music」と「iTunes Match」の違い

7月1日に提供が開始されるiOS8.4にて待望のAppleの音楽聞き放題サービスとなる「Apple Music」の提供がスタートしますが、自分の音楽ライブラリをiCloudにアップロードすることで同一のApple IDに紐付けされたiOSデバイスやMacから音楽を楽しむことが可能です。

これと同様なサービスはAppleが2014年5月2日より「iTunes Match」として年額3,980円で利用できるサービスとして開始されました。

「Apple Music」と「iTunes Match」の独立した二つのサービス。

Appleは二つのサービスについて「Apple MusicとiTunes Matchはそれぞれが独立したものですが、補完的な関係にあります。」と曖昧な表現となっており何を補完しているのかが不明。

Apple MusicとiTunes Match

各サービスの違いは以下の通りです。

サービス Apple Music iTunes Match
価格 月額980円 年額3,980円
音楽聞き放題 ×
ラジオ ×
Connect ×
iCloudに楽曲をアップロードし同期 25,000曲
iOS9より10万曲に?
25,000曲
Windows対応
Android対応 ×

iTunes Matchは自身の楽曲ライブラリのiCloud化に焦点を充てたサービスとなっており、Apple Musicに加入することで、Apple Musicのライブラリが聞き放題になるほかにiTunes Matchのサービスは全て網羅できることになります。

さらに、秋にはAndroid端末からもApple Musicの利用が可能になることが明らかになっているので、iTunesに入っている音楽をそのままAndroidスマホで楽しむ事ができるのもiTunes Matchにはないオリジナルの機能と言えそうです。

Apple Musicに加入したらiTunes Matchは不要に?

スポンサードリンク

では、iTunes Matchに加入している僕のようなユーザーはApple Musicに加入することでiTunes Matchの扱いはどうなってしまうのでしょうか。

Appleは二つのサービスは「補完的な関係」としており二つのサービスに加入してもiTunes Matchの恩恵を受けることができるであろう表現をしています。

しかし、現時点では実際にどのような補完関係があるのかは不明です。

アップロード機能に関してApple MusicとiTunes Matchの違いがないとすればiTunes Matchにそのまま加入したままにしておくのはナンセンスです。

Apple Musicに加入したらiTunes Matchを自動退会するとかしてくれれば助かるのですが、「補完的な関係」としている以上は二つのサービスを加入し続けるということは可能になるのでしょう。

また、Apple Musicのアップロード機能はiOS9にて最大25,000曲かた100,000万曲にアップグレードされることがAppleのインターネットサービス担当Eddy Cue氏がTwitterで明らかにしています。

ますます、iTunes Matchを並行して加入し続ける意味が無くなってしまうように感じるのですが、サービスが実際に始まってみないと二つのサービスの違いが分かりませんので中止すべき点といえるかもしれません。

追記:iOS8.4が正式リリースされました!
iOS8.4が正式リリース!ミュージックアプリが刷新されApple Musicが利用可能に!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 私もiTunes Matchに加入しているので,この点は気がかりです。Apple Musicに対するiTunes Matchのメリットとして考えられるのは,

    1.自分のライブラリ中の低音質の楽曲は,iTunes Storeで販売されていれば自動的に高音質のデータに置き換えてクラウド上にアップロードしてくれる。(ただし,これはApple Musicでも実現される可能性大)

    2.クラウド上にアップロードされた自分のライブラリはいつでもローカルドライブに全曲ダウンロードして復元できる。

    2の点はHDDがクラッシュした際にものの見事にライブラリ全体が復元できて,たいへん助かりました。

    さて,実際のところどう差別化されるのでしょうか。私は月額340円で音楽ライブラリをオンラインバックアップできるサービスとしてiTunes Matchを継続してもよいかと考えていますが,統合するほうがわかりやすいかもしれませんね。

    • iTunes Matchって本当に便利ですよね!今、Apple Musicを試しに使っていますがiTunes Matchにも加入しているので機能が統合された形になっています。

      Apple Musicの設定からiTunes Matchのオフにすると音楽のiCloud上にある音楽の同期ができなくなったので、iTunes Matchの機能を引き続き利用するには加入は必要なのかもしれません。

      また、Appleのホームページを見ると「Apple Music にはバックアップサービスがありません。 デバイスを交換、紛失、損傷した場合に備えて、音楽やほかの情報のコピーをとっておけるように、必ず iOS デバイス、Mac または Windows パソコンをバックアップしてください。」と書いてあります。つまりiCloudに保存されるのではなく基本的には手持ちのライブラリからアップロードするものであってiTunes Matchとは性質的には違う扱いになっているのかもしれませんね。

      ちょっとかなり分かりにくいです。もしかしたら解釈が異なっているかもしれません。もっと、Apple側からの説明が欲しいところですが。

      自分のコレクションから Apple Music ライブラリに音楽を追加する – Apple

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。